メンテナンス関連

2022年8月30日 (火)

リアディレーラーの分解・整備に挑戦!


Img_4860

検体がRD-5800GSしかないのでこれでやっていきます。デュラ、アルテグラ、105と少しずつやり方が違うのですが大筋は一緒。

作業は車体に付けたまま後輪だけ外し、右メインレバーをいっぱいまで操作してディレーラーが大きく開いた状態から始めます。
Img_4811 Img_4812 Img_4813 Img_4814
プーリーが付いている部分をプレートユニットと呼びます。まずこれを分解してディレーラー本体から外します。
時間がないので写真で追っていきます。
Img_4817 Img_4818 Img_4819 Img_4822Img_4823Img_4824Img_4825Img_4826Img_4828Img_4832
今引き抜いたバネがある部分をP体と呼びます。次にリアディレーラーをフレームから外して作業します。
Img_4835Img_4836
B軸と呼ぶ部分を分解します。
Img_4839Img_4840Img_4843Img_4844Img_4845Img_4846
バネに勢いがあって急に開きます。飛ばないように手で包んで作業して下さい。
かなり汚れているのでオーバーホールのし甲斐があります(*^。^*)
Img_4847 Img_4848 Img_4849 Img_4850 Img_4851 Img_4852
バラせるところまでバラしたので綺麗に洗います。
Img_4853 Img_4854 Img_4855 Img_4857 Img_4858 Img_4859
綺麗になったらプーリー、P体のバネ、B軸のバネ、P体に挿入するプレート軸にグリスを塗ります。
Img_4864 Img_4866
またプーリーを留めているボルトは長さが違うものもあります。必ず長い方をテンションプーリー側に使って下さい。緩み防止に赤いロックタイトを塗ります。
Img_4867
組み立てていきましょう!B軸に入れるバネには向きがあります。バネ足が長い方をディレーラー本体に入れて下さい。それに被せるストッパープレートと呼ばれるものを取り付けるのに、マニュアルでは3mmの六角棒レンチを引っ掛けて回すとあるのですが・・・
Img_4869 Img_4870 Img_4872 Img_4873 Img_4875Img_4876
めちゃめちゃやりにくいので僕のオリジナルでやります。Bテンションボルトを抜き、2.5mm六角棒レンチをその穴に入れて引っ掛けて回します。
Img_4880 Img_4881 Img_4882 Img_4883 
ディレーラー本体の爪を乗り越えたら押し込んで、開かないように指で押さえます。
そこにCクリップを当てて、ドライバーの背中側などで押し込みます。はまったらくるりと回して外れない向きにします。
Img_4884 Img_4885 Img_4886 Img_4887 Img_4888 
P体にプレート軸を入れます。テンション調整用の穴が2ヶ所ありますが上の方に入れます。
またバネは外径が大きい方がディレーラー本体側です。バネ足を穴に合わせてプレートを手前に回して、やはりさっきのように爪を乗り越えたら押し込み、指で押さえます。
Img_4889 Img_4890 Img_4891 Img_4892 Img_4893 Img_4896 Img_4897 Img_4898 
2mmの六角レンチでストッパーボルトを固定。
Img_4899 Img_4901
ここからはディレーラーをフレームに取り付けて作業します。取り付けてから先ほど外したBテンションボルトを取り付けます。薄いマイナスドライバーの方がやりやすいです。
Img_4902 Img_4903 Img_4904
プーリーの方向性とガイドかテンションかを確認して取りつけます。チェーンの通し方も注意して下さい。
Img_4905 Img_4906 Img_4907 Img_4908
チェーンを通すためプーリーは最初仮締め。
Img_4913 Img_4914 Img_4811_20220830234601
最後にしっかり本締めして完成です°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
古いディレーラーもビンビンになりますよ!ぜひチャレンジして下さいね!

2022年8月26日 (金)

バーテープ巻きに挑戦!

Img_4707

「失敗しない〇〇術」という類の言葉が嫌いな性格です。最初は失敗するにきまってるバーテープ巻き!ですが最近のバーテープは高いですね。なので成功する確率を上げる【スタプレ巻き】のポイントをご紹介します。何度かやるうちに上手くなっていきますので、それを楽しみと考えてぜひ何度も挑戦してもらいたいです。

Img_4688 Img_4689 Img_4691 Img_4692 Img_4693 Img_4694 Img_4695

メーカーにより長さがずいぶん違いますが、2メートルあると初心者も何とか巻ききることができます。例えばSILVAのバーテープは2巻きくらい足りなくなる可能性がありテクニックを必要とします。KabutoのBT-01はブレーキレバーの固定バンドに巻く用の端切れが最初から用意されているので2mに届かなくても大丈夫です。端切れが同梱されていない時は端の方を5~6cm切って用意します。

Img_4696

らせん状に少し重ねて巻いていきますが、二分の一~三分の一と多めに重ねるのを贅沢巻き、四分の一~五分の一しか重ねないのをけちけち巻きと僕は呼んでいます。フィジークくらい長いと全て贅沢巻きできますが、ここでは標準的な2メートルのKabutoのバーテープを使って解説します。

ドロップエンドから二分の一から三分の一はみ出して、外から内に向かって巻き始めます。

Img_4697 Img_4698

二巻きほど巻いたらもうここでキャップを被せてしまいます。そこでいったん解き、引っ張って密着させます。

Img_4699 Img_4700 Img_4702

ドロップ部分は四分の一ずつ重ねるけちけち巻きでスタートします。

Img_4703 Img_4705 

緩いカーブに差し掛かったら扇状の内側は三分の一重ね、外側は四分の一重ねをキープ。ブレーキレバーを留めているバンドに最初用意した5,6cmの端切れを巻いて、それごと巻きます。「何巻きでそこまで来たか」を数えて左レバー側を巻くときに揃えれば均等になりますよ!だいぶ前にツイートしましたが、この時点で残りが1メートル無いと上手く巻き終わりません。

Img_4706 Img_4707

上ハンは最初はカーブの内側が二分の一重ね、外側が四分の一重ねですがすぐに多めに重ねる贅沢巻きに変えます。使用中にほどけてくるのを防ぐためです。

また「引っ張りながら巻く」なんてことしないでください!それをやると使用中縮もうとして緩む可能性があります。。さらには一緒に巻いているブレーキケーブルとシフトケーブルを圧迫してしまい、それらの操作が重くなることもあります。正しくは『ハンドルとバーテープの間に隙間ができないように押しつけて巻く』です。

Img_4708 Img_4709 Img_4710

カーブが終わって長さに余裕があるなら二分の一重ねでフィニッシュしましょう。足りなそうならストレート部分なら三分の一重ねで十分オーケーです。

Img_4711 

最後にステム側をストレートにする為はさみを入れます。たまに逆側を切っちゃってる人を見かけますよ!

Img_4714 

いよいよフィニッシュテープを巻いて完成ですが、テープを台紙から剥がす前にテープエンドが見えないところに来るよう巻き始めの位置を確認します。

Img_4718 Img_4719

Img_4720 Img_4721

完成です!\(^o^)/

今回のハンドルは通常の丸い断面のハンドルで幅は400mm、形状は良くある”コンパクト”と呼ばれるものでした。

ハンドル形状がエアロな場合やハンドル幅が広い場合、またハンドル径が太い場合はけちけち巻きをより多く取り入れないと長さが足りなくなったでしょう。それらのハンドルを使っている人はバーテープ選びの時に長いものを選ぶといいですね。

さらに高価なスパカズのバーテープはほぼ全製品、途中で失敗に気付いたときむいて最初からやり直すこともできます。チャレンジしやすいですね!

わかり易く説明したつもりですがいかがでしたか?「次の休みに挑戦してみたい!」と言う人が一人でも増えたらうれしいです。がんばってくださいね😊

 

2022年8月24日 (水)

定期期日に満たない定期点検も歓迎。最後の安全点検【無料】にご協力ください。

連日たくさんの方が最後に一度見てもらいたいと点検にご来店いただいております。

保証書などにある定期点検は初回100km点検(または2ヶ月点検)の次に一年毎(ブリヂストン社の場合その前に一度半年点検と言うのがある)としています。定期点検料金は初回を除き税込み2,200円定額で行ってきましたが、今回は僕の勝手なお願いで中途半端なタイミングでもやらせて欲しいと点検にお持ち込みいただいてますので、そこはタダとしております(当店ご購入車について書いております)。

と、告知もしていないのに連日多くの方に来ていただけるのは本当にありがたく、お忙しい中時間を作ってご来店いただいていることにも感謝の気持ちでいっぱいです。月初めに『最後の点検のお願い』なるハガキを出そうと印刷までしたものの、日々の作業量の多さに宛名を書く時間が取れず、とうとう月末になってしまいました。もうハガキは出せません。

このブログを読んでるかどうかわかりませんが、忙しくても断らないのでぜひ最後の点検をさせていただきたいとここに記しました。保証書などの巻末に整備した証のチェックを記入させていただきますので、お買い上げいただいたときにお渡ししたその冊子もできたらお持ちになってください!

なおついでのパーツ交換、バーテープ巻きなどはご要望に沿えない場合があります。もう無い部材もありますので点検して不備をチェックするところまでとなりますことをご了承ください。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2022年8月18日 (木)

リアディレーラーハンガー曲がりの応急処置【信頼性◎】

Img_4520collage

出先で出来る!転んでしまったり倒したりして曲がったリアディレーラーハンガーをまっすぐに修正します!

お客さんから良く聞く話で「曲がっちゃってスポークに当たるから、ディレーラー掴んでグイッて曲げて何とか帰ってきました(*´▽`*)」と言うのがあります。

Img_4519

これやると余計なところまで壊しかねません!もう少しいい方法をお教えします。力加減を調整しながら慎重に行っていただきたいのですが、ディレーラーとディレーラーハンガーを留めている5mmの六角穴に棒レンチを刺して、それを手前に引っ張ったり向こうに押したりして曲げます。

Img_4515 Img_4516

これもずいぶん乱暴な方法ですが、リアディレーラーを掴んで曲げるよりも道具を使う分猿より進化していると思いますw

ただし力加減が難しいのと、意外と硬いので女の人には出来ない方法かもしれません。そこでお勧めの信頼性が高く、そのままライドを続けられる修正方法をご案内します。

Img_4520 Img_4521

まずペダルを回しながら右解除レバーを数回押して、チェーンを最小スプロケットに変速させます。

Img_4522 Img_4524

次にペダルを回しながらリアディレーラーを押してチェーンを最大スプロケットへ変速させます。この作業はシフトワイヤーを弛ませて外し、作業性を上げようとするものですがスキップしても構いません。

Img_4525 Img_4526 Img_4527

この状態でクランクをゆっくり回すと

Img_4528 Img_4529 Img_4530

最大スプロケットから一気に最小スプロケットへとチェーンが移動します。次にリアディレーラーを5mmの六角レンチを使って外します。

Img_4531 Img_4532

Img_4533

リアのホイールを外します。ホイールとリアディレーラーのどっちを先に外しても構いません。そして近くのコンビニかスーパーでアルミ箔とはさみを調達してきます。それを小さく畳み患部の大きさに合わせて切ります。

Img_4536 Img_4537 Img_4538 Img_4539 Img_4540

約1mmくらいの厚みで作ってみました。フレームを横倒しにしてアルミ箔の塊を置き、ディレーラーハンガーを上から取り付けます。

Img_4541 Img_4542 Img_4543

リアディレーラーを取り付けます。シフトワイヤーを外して作業した場合はこの時一緒に引っ掛けます。

Img_4544 Img_4545 Img_4546 Img_4547 Img_4548 Img_4549 Img_4551

ホイールをセットしてリアディレーラーが真っ直ぐになったかどうか確認します。

Img_4552 Img_4553

いかがでしょうか?最初の写真と比べてもだいぶ修正されたのが分かります。こだわる人はアルミ箔の厚みを変えながら理想に近づけて行ってください。

ペダルをゆっくり回しながら作動確認を行って下さい。

Img_4554

最大スプロケットより向こう側にチェーン落ちしないか見守りながら回し、メインレバーを操作します。

Img_4555

更にリアディレーラーを手で押してみて向こう側に行ってしまわないかを確認。

Img_4556

真後ろからのぞき込んで、最大スプロケットにチェーンがかかっているときにスポークとの距離が十分かどうかを確認すれば完成です

\(^o^)/

なおアルミ箔もアルミなので十分に硬いのですが、使っているうちに折り畳んだわずかな隙間が潰れて一度薄くなりますのでそうなったらもう少し足して使って下さい。

出来たらメーカーへ連絡して、新しいディレーラーハンガーを取寄せて交換しましょう。

どうでしょう?お役に立ちそうですかね😊

2022年5月27日 (金)

6月の店休日

Tenkyuu_20220527150801

月替わり早々の第一土日とも、その翌週は土曜日にもさっそく臨時のお休みをいただくため、すこし早いですが令和4年6月の店休日をご案内します。第1周目の栂池高原HCや、第2週目の富士HCなどに参加されるためにご準備をされる予定のある方は、ぜひこの5月最後の土日をご利用ください。

6月も営業時間は8:00~18:00ですのでよろしくお願いします。就業時間にジャージ姿で待ち構えていてもいいですよw😁日も長くなりますし、太平往復くらいやります?

さて6月の店休日は、

4日(土)5日(日)。JBCF弥彦ロードを走ってきます。1年以上ロードレースをやってないので不安はありますが、初めてのコースを走ってみたいという気持ちの方が勝ち、エントリーしてしまいました。

6日(月)。私用によりお休みします。別に疲れをとるためじゃないです!

7日(火)。定休日。週末に向けて負荷トレーニングをやるつもり。

11日(土)。わたらせサイクルパークで市民向けの初レース【第1回わたらせクリテリウム】が開催されるため、午前中はボランティア、午後はレースを走ります。

14日(火)。定休日。今週か来週、前にやった『夏至チャレンジ』をもう一度やろうか遠出しようか検討中。

21日(火)。定休日。天気が良ければ日の出スタート日没ゴールの夏至チャレやるかな。一緒に走りたい人~✋

28日(火)。定休日。月末なのでたぶん事務仕事。


以上8日もお休みをいただきすみません!よろしくお願いします!


Img_3521 Img_3523

先日走った長距離走行イベントでは、初日に後輪をリム打ちパンク、前輪はとげが刺さってパンクとトラブルが続きました。さらには「右足がやけに滑る、これは…まずい」と走行中気付くも次のASまで我慢して走行を継続。思った通りクリートボルトが2個無くなっていました。外れたボルト踏んでパンクしたり怪我したりした人がいないといいのですが。公道に危険物を置いてきてしまいごめんなさい!

クリートボルトは工具で増し締めしておいたのですが甘かったのでしょうか?左は3個揃ってましたが右は1個しか残っていませんでした。なので左のセンターを一つ外して右足側に移動。左右2個ずつとして、ボルトがクリート中央に近い位置となるように位置調整。引き足の時、クリート前側がぱかぱかと浮かないように工夫しました。ペダルの固定テンションも最弱にして、力を掛けなくても抜けるようにして翌日を走り切りました。

パンクした2本のチューブはその日の走行後に修理を済ませました。後がなかったのでパンクしなくてよかったです。

Img_3496

受付の時提出する[車検証]ですが、今イベントは任意で提出となっていました。『任意』って書いてあったら主催者側の気持ちを汲み取ってもちろん提出ですよね!そしたら提出特典として缶バッチを4個もらえました😄スタッフの方のお話だと「この4つでゼッケン留めるのもいいですよ」ですって!それもイカシテます💕

それでは6月もよろしくお願いします!

2022年5月15日 (日)

空気入れのメンテナンスに使うオイルは??

Img_3396collage

空気入れはある意味、最も酷使されている自転車用品の一つです。なのに「空気入れのメンテナンスに必要な物は?」などと聞かれたことはほとんどありません💦あるのは口金のパッキンを買いに来られるくらいですかね。

ポンプメーカーのシルカ社が販売する”レザー&ポンプ ルブリカント”(税込み定価935円)を使用する前はRESPO社の”グリースゴールド”を使っていました。ただ容量が多くて全然無くならない、高いし一般向けじゃないなということでこのSILCA社製品を導入しました。

Img_3394

容量20ml。一回使用するのに数滴しか必要としないので、これでも十分1年以上持ちます。

Img_3402 Img_3403

たいていの空気入れは分解して手入れできるので、構造をよく見て壊さないように分解します。

Img_3396 Img_3405

Img_3408 Img_3406

パッキン(または皮)の汚れを良く拭き取ります。長い棒の先に使い古しの軍手などを巻いて、抜けないようにタイラップかビニールテープで固定しシリンダー内部をごしごし拭きます。

Img_3397 Img_3401

それぞれに数滴たらし、組み立て後に空ポンピングします。

Img_3409

次第に動きがスムーズになってくるのがわかります!気持ちいい!

携帯用空気入れも、使わないうちにいつの間にか傷んでいるってこともあります。もちろんそれらも分解してメンテナンスできるものがほとんど。

これから本格的な長距離ライドシーズンがやってきますので、ポンプのメンテナンスもぜひやってみて下さいね!

2022年4月30日 (土)

スポーツ自転車の整備・作業手数料が変わります【5/1より】

45

このイラストにありますように、今まで部位ごとに工賃設定を行っていましたがそれを廃止します。

シフトシステムやブレーキシステム、フレーム内部構造による作業手順の多様化、ハンドル・ステム内にフル内装されるケーブルルーティングなどの登場により、個々に工賃を振り分けるのが難しくなってきました。

また熟練により(自分で言ってごめんなさい)作業時間が短く済む部分も増え「これは工賃半分でいいかも」と考えてしまうケースもあります。

というわけで

作業時間をもとに計算する『時間工賃』

をほぼすべての部分に導入することにしました。

10分単位で税込み770円に設定しました。作業開始から10分で完了すれば770円の手数料になります。11分~20分で1540円、21分~30分で2310円、31分~40分で3080円…と計算します。

例えば今までディレーラー調整を前770円、後770円で頂いていましたが、両方やって10分で完了すれば770円だけで済みます。タイヤ交換もクリンチャータイヤとチューブレスタイヤで工賃に差がありましたが、もし同じタイムで完了すれば同じ低料金で済ますことができます。

ただし「リアディレーラーのシフトケーブル換えるのにクランクとBB外さないとできない💦」と言った時、時間が多めにかかって以前のワイヤー交換代だけでは済まなくなるかもしれません。

5月1日~3日お休みをいただきますので、実質5/4から新料金となります。

きっとお客さんのためになる、と思ってこの度の変更になりました。どうかご理解いただけますようによろしくお願いいたします。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2022年1月28日 (金)

お預かりオーバーホールを始めました!ご予約をお待ちしています😊

2022springoh

一週間に一台、しっかり整備させていただきます!期間は4/24(日)の週までの3か月間。ご予約と一週間預けっ放しができる内容です。13台分の枠がありますのでお好きな週をご予約下さい。(部品交換が必要な場合、その納期に合わせた日程をご案内させていただきます。)

お見積り(無料!)をご希望の方は、まずは自転車を見させてください。お見積書を作ってお渡しします。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2022年1月 2日 (日)

1月の店休日

皆さんあけましておめでとうございます。

昨年中はスタープレックスサイクルにお越しいただきまして、たくさんの楽しいお話をお聞かせいただきまして、整備やお買い物にご利用いただきまして本当にありがとうございました。

今年も一年、皆さんの脚と健康をつくるお手伝いができるように仕事に励んで参ります。また一緒に走れるレースなどの機会があれば、ぜひ一緒に走りましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

さて1月の店休日をお知らせします。その前に営業時間変更のご案内です。

朝9:00~夜19:00にて、今月と2月の2か月間営業いたします(昨年8~12月は8:00~18:00でした)。どうぞお仕事帰りにもご利用ください。※仕事始めの5(水)は9:00~18:00の短縮営業とさせてください。

1(土)、2(日)、3(月)の三が日はのんびり飲み食いして過ごします。みなさんのおかげでお腹いっぱい食べられそうです🤤

4(火)も定休日のお休みをいただきます。

11(火)。定休日のお休みをいただきます。

18(火)。店休日のお休みをいただきます。

翌19(水)はミズタニ自転車社さんの”RIDLEY2022年モデル展示会”と、マルイ社さんの”TOPEAKなどの新製品発表会”のため臨時休業をいただきます。

25(火)も定休日のお休みをいただきます。


以上8日のお休みをいただきます。5日の水曜日から営業を再開します。宜しくお願い致します。


さて!初売りセールなどやりたいところですが、目玉になるものがな・に・も・あ・り・ま・せ・ん。ので「腕を振るう」ことにしました~。

期間限定1/6(木)~1/10(月)の五日間、下記の通り【新春!しっかり洗車キャンペーン】(作業手数料 税込み5,980円)を行います。きっと皆さんの自転車はすでにきれいな状態だろうと思いますが、それ以上に綺麗にしてお見せますので、ぜひこの機会をご利用ください。

Photo_20211231190701

※このチラシにありますとおり、ほかの作業をプラスすることはできませんので、どうかご了承ください。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年12月20日 (月)

コラムカット&シフトワイヤーあるいはオイルホースカットを承ります!

Img_1639collage

みなさん!

今年やり残したこと、の一つが「出過ぎたコラムをカットしてスッキリさせたかった!」ではないでしょうか!?(笑)

さらに、そうしたことでケーブルやオイルホースが弛んでしまい、それらを何とかしたい!とも考えてることでしょう。

やります!【コラムカットキャンペーン2022年1月30日(日)まで】!!

キャンペーン内容は、①このあと書く記事の金額から1,100円引き。②作業の予約が可能(一度お持ち込みいただき、ケーブルルーティングを見せていただきます)。③一晩のお預かり料が無料。です。

Photo_20211212180301
上のイラストは『ハンドルまわり』の工賃部分を切り取ったもの。カーボンコラムカット 税込み2,200円、アルミコラムカット2,750円という内容です。なおこれらはフォークのみお持ち込みいただいた場合の手数料で、自転車ごと持ち込まれる場合はリムブレーキ車で

・ステムの抜き差し(アンカーナット・ヘッドガタ調整に相当)550 
・図にありませんがブレーキキャリパー付け外し 550
で1100円プラス。
ケーブル類カットご希望の場合は3960~7700円。仕様により幅があります。その日のうちにお引き渡しいたします。

これがDISCブレーキの、ブレーキホース・シフトケーブル(またはエレクトリックケーブル)フル内装の場合、
・バーテープ付け外し770
・ステムとハンドル付け外し・シフトケーブル前後付け外し&カット&再調整・オイルホース付け外し&カット + オリーブ&インサート購入・ブレーキブリーディング1100,9350,650,4400
・一晩お預かり料770

の作業がプラスとなり料金は17,040円プラス。工期はひと晩お預かりで翌日夕方お引き渡し(お引き取り日が一日増えるごとに770円が計算されます)です。

なおハンドルやステムに内装されていないDISCブレーキ車ならバーテープ付け外し770+ステム抜き差し・シフトケーブル前後付け外し&カット&再調整・オイルホース付け外し&カット+オリーブ&インサート購入・ブレーキブリーディング550,6050,650,4400。当日お渡しできるのでプラス料金は12,420円です。こんな感じです。
Img_1639 Img_1640 Img_1642
Img_1643 Img_1691 Img_1705 Img_1707 Img_1708 Img_1709 Img_1711 Img_1713 Img_1714 Img_1715
カーボンは硬く、デリケートなので鋸歯を2本消費しまします。ちなみにエアロシートポストの切断には歯を3本使うこともあります。コラム先端を潰さないように若干出るようにします。

Img_1718 Img_1720 Img_1730 Img_1735 Img_1736 Img_1738
完成!

なおハンドルとステムにまたぐように取り付けられたサイクルコンピューターマウント他、作業時に外さなければならない装備品の着脱については個々の付け外し料をいただきますので、よろしければ外してお持ち込みください。

もちろんワイヤーやオイルホースのカットのみ、コラムカットのみも承ります(完全フル内装車は要フルコース)!

皆さんのご来店をお待ちしています!

活動カレンダー

  • 予定表
無料ブログはココログ

リンクバナー