メンテナンス関連

2022年5月27日 (金)

6月の店休日

Tenkyuu_20220527150801

月替わり早々の第一土日とも、その翌週は土曜日にもさっそく臨時のお休みをいただくため、すこし早いですが令和4年6月の店休日をご案内します。第1周目の栂池高原HCや、第2週目の富士HCなどに参加されるためにご準備をされる予定のある方は、ぜひこの5月最後の土日をご利用ください。

6月も営業時間は8:00~18:00ですのでよろしくお願いします。就業時間にジャージ姿で待ち構えていてもいいですよw😁日も長くなりますし、太平往復くらいやります?

さて6月の店休日は、

4日(土)5日(日)。JBCF弥彦ロードを走ってきます。1年以上ロードレースをやってないので不安はありますが、初めてのコースを走ってみたいという気持ちの方が勝ち、エントリーしてしまいました。

6日(月)。私用によりお休みします。別に疲れをとるためじゃないです!

7日(火)。定休日。週末に向けて負荷トレーニングをやるつもり。

11日(土)。わたらせサイクルパークで市民向けの初レース【第1回わたらせクリテリウム】が開催されるため、午前中はボランティア、午後はレースを走ります。

14日(火)。定休日。今週か来週、前にやった『夏至チャレンジ』をもう一度やろうか遠出しようか検討中。

21日(火)。定休日。天気が良ければ日の出スタート日没ゴールの夏至チャレやるかな。一緒に走りたい人~✋

28日(火)。定休日。月末なのでたぶん事務仕事。


以上8日もお休みをいただきすみません!よろしくお願いします!


Img_3521 Img_3523

先日走った長距離走行イベントでは、初日に後輪をリム打ちパンク、前輪はとげが刺さってパンクとトラブルが続きました。さらには「右足がやけに滑る、これは…まずい」と走行中気付くも次のASまで我慢して走行を継続。思った通りクリートボルトが2個無くなっていました。外れたボルト踏んでパンクしたり怪我したりした人がいないといいのですが。公道に危険物を置いてきてしまいごめんなさい!

クリートボルトは工具で増し締めしておいたのですが甘かったのでしょうか?左は3個揃ってましたが右は1個しか残っていませんでした。なので左のセンターを一つ外して右足側に移動。左右2個ずつとして、ボルトがクリート中央に近い位置となるように位置調整。引き足の時、クリート前側がぱかぱかと浮かないように工夫しました。ペダルの固定テンションも最弱にして、力を掛けなくても抜けるようにして翌日を走り切りました。

パンクした2本のチューブはその日の走行後に修理を済ませました。後がなかったのでパンクしなくてよかったです。

Img_3496

受付の時提出する[車検証]ですが、今イベントは任意で提出となっていました。『任意』って書いてあったら主催者側の気持ちを汲み取ってもちろん提出ですよね!そしたら提出特典として缶バッチを4個もらえました😄スタッフの方のお話だと「この4つでゼッケン留めるのもいいですよ」ですって!それもイカシテます💕

それでは6月もよろしくお願いします!

2022年5月15日 (日)

空気入れのメンテナンスに使うオイルは??

Img_3396collage

空気入れはある意味、最も酷使されている自転車用品の一つです。なのに「空気入れのメンテナンスに必要な物は?」などと聞かれたことはほとんどありません💦あるのは口金のパッキンを買いに来られるくらいですかね。

ポンプメーカーのシルカ社が販売する”レザー&ポンプ ルブリカント”(税込み定価935円)を使用する前はRESPO社の”グリースゴールド”を使っていました。ただ容量が多くて全然無くならない、高いし一般向けじゃないなということでこのSILCA社製品を導入しました。

Img_3394

容量20ml。一回使用するのに数滴しか必要としないので、これでも十分1年以上持ちます。

Img_3402 Img_3403

たいていの空気入れは分解して手入れできるので、構造をよく見て壊さないように分解します。

Img_3396 Img_3405

Img_3408 Img_3406

パッキン(または皮)の汚れを良く拭き取ります。長い棒の先に使い古しの軍手などを巻いて、抜けないようにタイラップかビニールテープで固定しシリンダー内部をごしごし拭きます。

Img_3397 Img_3401

それぞれに数滴たらし、組み立て後に空ポンピングします。

Img_3409

次第に動きがスムーズになってくるのがわかります!気持ちいい!

携帯用空気入れも、使わないうちにいつの間にか傷んでいるってこともあります。もちろんそれらも分解してメンテナンスできるものがほとんど。

これから本格的な長距離ライドシーズンがやってきますので、ポンプのメンテナンスもぜひやってみて下さいね!

2022年4月30日 (土)

スポーツ自転車の整備・作業手数料が変わります【5/1より】

45

このイラストにありますように、今まで部位ごとに工賃設定を行っていましたがそれを廃止します。

シフトシステムやブレーキシステム、フレーム内部構造による作業手順の多様化、ハンドル・ステム内にフル内装されるケーブルルーティングなどの登場により、個々に工賃を振り分けるのが難しくなってきました。

また熟練により(自分で言ってごめんなさい)作業時間が短く済む部分も増え「これは工賃半分でいいかも」と考えてしまうケースもあります。

というわけで

作業時間をもとに計算する『時間工賃』

をほぼすべての部分に導入することにしました。

10分単位で税込み770円に設定しました。作業開始から10分で完了すれば770円の手数料になります。11分~20分で1540円、21分~30分で2310円、31分~40分で3080円…と計算します。

例えば今までディレーラー調整を前770円、後770円で頂いていましたが、両方やって10分で完了すれば770円だけで済みます。タイヤ交換もクリンチャータイヤとチューブレスタイヤで工賃に差がありましたが、もし同じタイムで完了すれば同じ低料金で済ますことができます。

ただし「リアディレーラーのシフトケーブル換えるのにクランクとBB外さないとできない💦」と言った時、時間が多めにかかって以前のワイヤー交換代だけでは済まなくなるかもしれません。

5月1日~3日お休みをいただきますので、実質5/4から新料金となります。

きっとお客さんのためになる、と思ってこの度の変更になりました。どうかご理解いただけますようによろしくお願いいたします。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2022年1月28日 (金)

お預かりオーバーホールを始めました!ご予約をお待ちしています😊

2022springoh

一週間に一台、しっかり整備させていただきます!期間は4/24(日)の週までの3か月間。ご予約と一週間預けっ放しができる内容です。13台分の枠がありますのでお好きな週をご予約下さい。(部品交換が必要な場合、その納期に合わせた日程をご案内させていただきます。)

お見積り(無料!)をご希望の方は、まずは自転車を見させてください。お見積書を作ってお渡しします。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2022年1月 2日 (日)

1月の店休日

皆さんあけましておめでとうございます。

昨年中はスタープレックスサイクルにお越しいただきまして、たくさんの楽しいお話をお聞かせいただきまして、整備やお買い物にご利用いただきまして本当にありがとうございました。

今年も一年、皆さんの脚と健康をつくるお手伝いができるように仕事に励んで参ります。また一緒に走れるレースなどの機会があれば、ぜひ一緒に走りましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

さて1月の店休日をお知らせします。その前に営業時間変更のご案内です。

朝9:00~夜19:00にて、今月と2月の2か月間営業いたします(昨年8~12月は8:00~18:00でした)。どうぞお仕事帰りにもご利用ください。※仕事始めの5(水)は9:00~18:00の短縮営業とさせてください。

1(土)、2(日)、3(月)の三が日はのんびり飲み食いして過ごします。みなさんのおかげでお腹いっぱい食べられそうです🤤

4(火)も定休日のお休みをいただきます。

11(火)。定休日のお休みをいただきます。

18(火)。店休日のお休みをいただきます。

翌19(水)はミズタニ自転車社さんの”RIDLEY2022年モデル展示会”と、マルイ社さんの”TOPEAKなどの新製品発表会”のため臨時休業をいただきます。

25(火)も定休日のお休みをいただきます。


以上8日のお休みをいただきます。5日の水曜日から営業を再開します。宜しくお願い致します。


さて!初売りセールなどやりたいところですが、目玉になるものがな・に・も・あ・り・ま・せ・ん。ので「腕を振るう」ことにしました~。

期間限定1/6(木)~1/10(月)の五日間、下記の通り【新春!しっかり洗車キャンペーン】(作業手数料 税込み5,980円)を行います。きっと皆さんの自転車はすでにきれいな状態だろうと思いますが、それ以上に綺麗にしてお見せますので、ぜひこの機会をご利用ください。

Photo_20211231190701

※このチラシにありますとおり、ほかの作業をプラスすることはできませんので、どうかご了承ください。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年12月20日 (月)

コラムカット&シフトワイヤーあるいはオイルホースカットを承ります!

Img_1639collage

みなさん!

今年やり残したこと、の一つが「出過ぎたコラムをカットしてスッキリさせたかった!」ではないでしょうか!?(笑)

さらに、そうしたことでケーブルやオイルホースが弛んでしまい、それらを何とかしたい!とも考えてることでしょう。

やります!【コラムカットキャンペーン2022年1月30日(日)まで】!!

キャンペーン内容は、①このあと書く記事の金額から1,100円引き。②作業の予約が可能(一度お持ち込みいただき、ケーブルルーティングを見せていただきます)。③一晩のお預かり料が無料。です。

Photo_20211212180301
上のイラストは『ハンドルまわり』の工賃部分を切り取ったもの。カーボンコラムカット 税込み2,200円、アルミコラムカット2,750円という内容です。なおこれらはフォークのみお持ち込みいただいた場合の手数料で、自転車ごと持ち込まれる場合はリムブレーキ車で

・ステムの抜き差し(アンカーナット・ヘッドガタ調整に相当)550 
・図にありませんがブレーキキャリパー付け外し 550
で1100円プラス。
ケーブル類カットご希望の場合は3960~7700円。仕様により幅があります。その日のうちにお引き渡しいたします。

これがDISCブレーキの、ブレーキホース・シフトケーブル(またはエレクトリックケーブル)フル内装の場合、
・バーテープ付け外し770
・ステムとハンドル付け外し・シフトケーブル前後付け外し&カット&再調整・オイルホース付け外し&カット + オリーブ&インサート購入・ブレーキブリーディング1100,9350,650,4400
・一晩お預かり料770

の作業がプラスとなり料金は17,040円プラス。工期はひと晩お預かりで翌日夕方お引き渡し(お引き取り日が一日増えるごとに770円が計算されます)です。

なおハンドルやステムに内装されていないDISCブレーキ車ならバーテープ付け外し770+ステム抜き差し・シフトケーブル前後付け外し&カット&再調整・オイルホース付け外し&カット+オリーブ&インサート購入・ブレーキブリーディング550,6050,650,4400。当日お渡しできるのでプラス料金は12,420円です。こんな感じです。
Img_1639 Img_1640 Img_1642
Img_1643 Img_1691 Img_1705 Img_1707 Img_1708 Img_1709 Img_1711 Img_1713 Img_1714 Img_1715
カーボンは硬く、デリケートなので鋸歯を2本消費しまします。ちなみにエアロシートポストの切断には歯を3本使うこともあります。コラム先端を潰さないように若干出るようにします。

Img_1718 Img_1720 Img_1730 Img_1735 Img_1736 Img_1738
完成!

なおハンドルとステムにまたぐように取り付けられたサイクルコンピューターマウント他、作業時に外さなければならない装備品の着脱については個々の付け外し料をいただきますので、よろしければ外してお持ち込みください。

もちろんワイヤーやオイルホースのカットのみ、コラムカットのみも承ります(完全フル内装車は要フルコース)!

皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年12月 1日 (水)

シマノ社製ディスクブレーキパッドが少し入荷しました。

Img_1480

今回はシマノ製品の中でも全6種類ある、純正のロード用パッドの違いをご説明します。またシマノ社製ロードバイク用ディスクブレーキパッドが少量入荷したのでご案内しますね!

まずは完成車やブレーキキャリパーを単品で買ったとき最初付いているもの。

L03A|デュラエース、アルテグラ、105の装着品。税込み定価は2,114円
K03S|ティアグラ、GRXの装着品。税込み定価は1,001円

「L」から始まると放熱フィン付き。「K」はフィン無し。
「03」はレジンパッド。
「A」は支えの板(バックプレート)が合金。「S」はステンレス製です。

以下は別売のオプション品です。

K03Ti|バックプレートがチタン「Ti」の最軽量パッド。税込み定価1,732円
K04S|「04」はメタルパッド。税込み定価1,977円
L04C|「C」はバックプレートが合金とステンレスのコンビネーションプレート。税込み定価3,239円
K04Ti|記号と数字の意味、もう分かりましたか?最後のこれは、フィン無しメタルチタンプレート、ですね!税込み定価2,659円

Img_1478 Img_1479
今回どどいたのはK03Ti(フィン無しレジンチタン)とL04C(フィン付きメタル合金ステンレスのコンビ)です。

標準品のL03A、K03Sは1月下旬~2月上旬に入荷予定です。

「どれ選べばいいの??」と言う人は何も考えず標準品を待てばいいのではないでしょうか?少し考えて「違うものを使ってみたい!」と言う方、待てない方は以下を参考にしてください。

まず静粛性が一般の方の関心事。「03」レジンが全てにおいて静か。

耐フェード性。富士ヒルや榛名の下りでフェードすると怖いですね、効かなくなって。「04」メタルが圧倒的に良い。

モジュレーションという比較項目があるのですが、ビブラート(振動)に対して有効か。これは「03」レジンが良い評価。

「L」フィン付きは放熱する能力により上記の弱点を補い、全体の性能を均一化します。

「Ti」プレートは単純に軽量化ですね。反応性は上がりそう。「S」ステンレスはエコノミータイプってこと。

これを見ると、従来のゴムブレーキ同様に万能な物は無いのだな、ということが良く分かります(笑)

参考にしてくださいね!

2021年10月10日 (日)

ミシュランタイヤの空気圧表をアップしました。

ミシュランのタイヤを仕入れるのに日直(ニチナオ)商会様から買っているのですが、そのBtoBサイトにある便利な表です。

Michelin

体重ごとの細かなセッティングが書かれています。こんな素晴らしいものを日直商会様のホームページ上で、なぜか発見できませんでした(もう一度しらべてみるか)。こういうの、他のタイヤメーカーのカタログなどでも見かけません。よろしければ参考にしてください!

※ちなみに日直BtoBのものをそのままコピペするのはあまりに他力本願と思ったので、一応自分で作り直しました~。

2021年8月23日 (月)

ZONDAホイールのスポーク交換 税込み4,857円より

スポークホールがリムに空いていないためリムテープ要らず&高剛性という利点がありますが、スポーク交換には少し技術を要します。

Img_0188
「形あるものいつかは壊れる」

普通に乗っていてもスポークだって折れます。そのへん走ってる通学車を見てみて下さい。曲がってないホイールなんてありません(苦笑)

Img_0189 Img_0190 

ハブ側に残った切れ端は、アクスルを抜いてから引き出します。

Img_0192 Img_0193

リム側に残ったスポークとニップルを分離。ニップルはリム内に落ちないようにビニールテープなどを巻いておきます。

Img_0196 Img_0195

要らない鉄スポークのネジ部分だけ折り取り、工具として使っています。それを慎重にニップルへねじ込みます。

Img_0197 Img_0198

カンパニョーロの専用工具"UT-WH050"(税込み1,185円)という超強力マグネットを使いニップルをキャッチし、リム内をバルブホール目指して誘導します。

Img_0199 Img_0201 Img_0202取り出せました!

逆の手順で新品のニップルに鉄スポークネジを取り付け、バルブホールからもとあった位置へUT-WH050で誘導します。

Img_0203 Img_0204 Img_0205 Img_0206 Img_0207 Img_0208

ニップルがリム内へ落ちないようにビニールテープを巻き、ハブに新しいスポークを通して慎重に接続。

Img_0209 Img_0210

あとは普段通りのフレ取りを行い、完成!

カンパニョーロ、フルクラムの補修部品はたいてい2週間から2ヶ月ほどで入手できますので、何かお困りの際は是非ご相談下さい!

2021年6月 4日 (金)

シマノ社ロード用DISCブレーキパッドのご案内

長期欠品中だった、ラジエターフィン付きのブレーキパッドが入荷しました!

4384e6bdad8c457ba8b93722bba0994a

品番Y8PU98040 L03Aレジンパッドです。税込み販売価格2,114円。デュラエース、アルテグラ、105共通のパッドです。

ディスクロードが世に出てからだいぶ経つので、そろそろ交換時期を迎えている人もいると思います。今フィン無しのパッドを使っている人もこちらを使えますよ!

ノーマルに比べ耐フェード性が上がり、長い下り坂を長い時間かけて下る時なども、抜群に効きが安定します!

9bd204d4ff3b464fb1d5d58fb00e89d6

ワンペアずつの販売で、バッド間スプリングが付属します。スプリングもヘタって開きが悪くなったりしますから。なお固定するピンやクリップは付属しませんので、捨てないように注意してください。

活動カレンダー

  • 予定表
無料ブログはココログ

リンクバナー