« スタープレックスサイクルの取り扱いブランド、メーカー一覧 | トップページ | 定期期日に満たない定期点検も歓迎。最後の安全点検【無料】にご協力ください。 »

2022年8月18日 (木)

リアディレーラーハンガー曲がりの応急処置【信頼性◎】

Img_4520collage

出先で出来る!転んでしまったり倒したりして曲がったリアディレーラーハンガーをまっすぐに修正します!

お客さんから良く聞く話で「曲がっちゃってスポークに当たるから、ディレーラー掴んでグイッて曲げて何とか帰ってきました(*´▽`*)」と言うのがあります。

Img_4519

これやると余計なところまで壊しかねません!もう少しいい方法をお教えします。力加減を調整しながら慎重に行っていただきたいのですが、ディレーラーとディレーラーハンガーを留めている5mmの六角穴に棒レンチを刺して、それを手前に引っ張ったり向こうに押したりして曲げます。

Img_4515 Img_4516

これもずいぶん乱暴な方法ですが、リアディレーラーを掴んで曲げるよりも道具を使う分猿より進化していると思いますw

ただし力加減が難しいのと、意外と硬いので女の人には出来ない方法かもしれません。そこでお勧めの信頼性が高く、そのままライドを続けられる修正方法をご案内します。

Img_4520 Img_4521

まずペダルを回しながら右解除レバーを数回押して、チェーンを最小スプロケットに変速させます。

Img_4522 Img_4524

次にペダルを回しながらリアディレーラーを押してチェーンを最大スプロケットへ変速させます。この作業はシフトワイヤーを弛ませて外し、作業性を上げようとするものですがスキップしても構いません。

Img_4525 Img_4526 Img_4527

この状態でクランクをゆっくり回すと

Img_4528 Img_4529 Img_4530

最大スプロケットから一気に最小スプロケットへとチェーンが移動します。次にリアディレーラーを5mmの六角レンチを使って外します。

Img_4531 Img_4532

Img_4533

リアのホイールを外します。ホイールとリアディレーラーのどっちを先に外しても構いません。そして近くのコンビニかスーパーでアルミ箔とはさみを調達してきます。それを小さく畳み患部の大きさに合わせて切ります。

Img_4536 Img_4537 Img_4538 Img_4539 Img_4540

約1mmくらいの厚みで作ってみました。フレームを横倒しにしてアルミ箔の塊を置き、ディレーラーハンガーを上から取り付けます。

Img_4541 Img_4542 Img_4543

リアディレーラーを取り付けます。シフトワイヤーを外して作業した場合はこの時一緒に引っ掛けます。

Img_4544 Img_4545 Img_4546 Img_4547 Img_4548 Img_4549 Img_4551

ホイールをセットしてリアディレーラーが真っ直ぐになったかどうか確認します。

Img_4552 Img_4553

いかがでしょうか?最初の写真と比べてもだいぶ修正されたのが分かります。こだわる人はアルミ箔の厚みを変えながら理想に近づけて行ってください。

ペダルをゆっくり回しながら作動確認を行って下さい。

Img_4554

最大スプロケットより向こう側にチェーン落ちしないか見守りながら回し、メインレバーを操作します。

Img_4555

更にリアディレーラーを手で押してみて向こう側に行ってしまわないかを確認。

Img_4556

真後ろからのぞき込んで、最大スプロケットにチェーンがかかっているときにスポークとの距離が十分かどうかを確認すれば完成です

\(^o^)/

なおアルミ箔もアルミなので十分に硬いのですが、使っているうちに折り畳んだわずかな隙間が潰れて一度薄くなりますのでそうなったらもう少し足して使って下さい。

出来たらメーカーへ連絡して、新しいディレーラーハンガーを取寄せて交換しましょう。

どうでしょう?お役に立ちそうですかね😊

« スタープレックスサイクルの取り扱いブランド、メーカー一覧 | トップページ | 定期期日に満たない定期点検も歓迎。最後の安全点検【無料】にご協力ください。 »

アドバイス的な」カテゴリの記事

メンテナンス関連」カテゴリの記事

活動カレンダー

  • 予定表
無料ブログはココログ

リンクバナー