« カステリ社の春夏シーズン長袖ジャージとポケット付きレーパンとベストが入荷しました! | トップページ | このマグ・オン社”Mag-on ボディーローション”ひとつで連投できる! »

2022年5月15日 (日)

空気入れのメンテナンスに使うオイルは??

Img_3396collage

空気入れはある意味、最も酷使されている自転車用品の一つです。なのに「空気入れのメンテナンスに必要な物は?」などと聞かれたことはほとんどありません💦あるのは口金のパッキンを買いに来られるくらいですかね。

ポンプメーカーのシルカ社が販売する”レザー&ポンプ ルブリカント”(税込み定価935円)を使用する前はRESPO社の”グリースゴールド”を使っていました。ただ容量が多くて全然無くならない、高いし一般向けじゃないなということでこのSILCA社製品を導入しました。

Img_3394

容量20ml。一回使用するのに数滴しか必要としないので、これでも十分1年以上持ちます。

Img_3402 Img_3403

たいていの空気入れは分解して手入れできるので、構造をよく見て壊さないように分解します。

Img_3396 Img_3405

Img_3408 Img_3406

パッキン(または皮)の汚れを良く拭き取ります。長い棒の先に使い古しの軍手などを巻いて、抜けないようにタイラップかビニールテープで固定しシリンダー内部をごしごし拭きます。

Img_3397 Img_3401

それぞれに数滴たらし、組み立て後に空ポンピングします。

Img_3409

次第に動きがスムーズになってくるのがわかります!気持ちいい!

携帯用空気入れも、使わないうちにいつの間にか傷んでいるってこともあります。もちろんそれらも分解してメンテナンスできるものがほとんど。

これから本格的な長距離ライドシーズンがやってきますので、ポンプのメンテナンスもぜひやってみて下さいね!

« カステリ社の春夏シーズン長袖ジャージとポケット付きレーパンとベストが入荷しました! | トップページ | このマグ・オン社”Mag-on ボディーローション”ひとつで連投できる! »

メンテナンス関連」カテゴリの記事

活動カレンダー

  • 予定表
無料ブログはココログ

リンクバナー