« FELT社 ブローム60 47mmが入荷しました! | トップページ | カステリ社の春夏シーズン長袖ジャージとポケット付きレーパンとベストが入荷しました! »

2022年4月30日 (土)

スポーツ自転車の整備・作業手数料が変わります【5/1より】

45

このイラストにありますように、今まで部位ごとに工賃設定を行っていましたがそれを廃止します。

シフトシステムやブレーキシステム、フレーム内部構造による作業手順の多様化、ハンドル・ステム内にフル内装されるケーブルルーティングなどの登場により、個々に工賃を振り分けるのが難しくなってきました。

また熟練により(自分で言ってごめんなさい)作業時間が短く済む部分も増え「これは工賃半分でいいかも」と考えてしまうケースもあります。

というわけで

作業時間をもとに計算する『時間工賃』

をほぼすべての部分に導入することにしました。

10分単位で税込み770円に設定しました。作業開始から10分で完了すれば770円の手数料になります。11分~20分で1540円、21分~30分で2310円、31分~40分で3080円…と計算します。

例えば今までディレーラー調整を前770円、後770円で頂いていましたが、両方やって10分で完了すれば770円だけで済みます。タイヤ交換もクリンチャータイヤとチューブレスタイヤで工賃に差がありましたが、もし同じタイムで完了すれば同じ低料金で済ますことができます。

ただし「リアディレーラーのシフトケーブル換えるのにクランクとBB外さないとできない💦」と言った時、時間が多めにかかって以前のワイヤー交換代だけでは済まなくなるかもしれません。

5月1日~3日お休みをいただきますので、実質5/4から新料金となります。

きっとお客さんのためになる、と思ってこの度の変更になりました。どうかご理解いただけますようによろしくお願いいたします。

皆さんのご来店をお待ちしています!

« FELT社 ブローム60 47mmが入荷しました! | トップページ | カステリ社の春夏シーズン長袖ジャージとポケット付きレーパンとベストが入荷しました! »

メンテナンス関連」カテゴリの記事

活動カレンダー

  • 予定表
無料ブログはココログ

リンクバナー