« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月30日 (木)

カステリ21秋冬物が最終入荷(たぶん)しました!

Img_1823collage

【アンリミテッド(制限しない)】を名乗る起毛ジャージと暖かい防風ジャケットが入荷しました。

「グラベル用のウエアか」と見た目の感想を持ったあなた!自身の発想に制限(リミット)を掛けちゃってませんか!今までスタンダードだった黒と〇〇カラーのツートンデザインの世界に新しい風を呼び込むアースカラーベース。都会に、野山に、レースシーンに制限なくマッチする本格的機能性サイクルウエアなんです。ぜひオンロードで颯爽と着こなしてもらいたいです。

UNLIMITED THERMAL JERSEY(12~18℃)

Img_1819 Img_1820 Img_1821 Img_1822 Img_1823 Img_1824
アンリミテッドサーマルジャージ(税込み販売価格16,000円)は冬場の高負荷トレーニングやレースの時、負荷の緩急がめまぐるしい状況、上りで頑張って大量の汗をかいたときなどに常に蒸れを放散し、肌がドライな状態を保ち必要な暖かさと心地よさを提供し続ける、起毛のフリース素材を採用した長袖ジャージです。サイド部分にWarmer X Stretchを使用しているため、以前ご案内したFOND 2 JERSEYよりも激しい動きに追従します。

UNLIMITED PUFFY JACKET (2~14℃)

Img_1825 Img_1826 Img_1832 Img_1833
アンリミテッドパフィジャケットは税込み販売価格35,640円(税込み定価39,600円)する、バブル世代にとっては割と予算内(苦笑)の超高性能ジャケットです。このジャケットのレディース版については先日書いた通りです。

「ダウンジャケットを羽織って行きたいくらい寒い!」

この願いをカステリ社が叶えました!

負荷の強弱にかかわらず、寒い季節の長時間ライド時に防風・保温・撥水・透湿・ストレッチ性能を提供するこのパフィージャケットは、内側に冬用アンダーウエアとサーマルジャージをレイヤリングするだけで2℃の気温下を快適に過ごせます。また冬用のアンダーウエアのみと組み合わせた場合、比較的温暖な14℃に着用しても強度の高いサイクリングができます!

Img_1830 Img_1829 Img_1828 Img_1827
全体の大部分を占めるシェル部分は、大手ブランドの高級ダウンジャケットと同じ生地を使用しているそうです。とても軽いのに風を通しません。袖口から袖裏、脇下サイドにかけてと、うなじ、ポケット部分にNano Flexストレッチ生地を採用。これは防風・透湿性を持つ肌あたりの良い伸縮素材です。

長時間にわたるサイクリングに便利さを加える、割と大きい胸ポケット、水や雪の浸入を防ぐフラップ付きの大きな3バックポケット、サイドに貴重品用のジップポケットを備えています。

Img_1831 Img_1838
裏地はほぼ全体に、ふわふわのPOLARTEC-Alphaを採用。最も軽量で、少ない体積で、最高の吸湿性を提供します。カタログには「従来にない通気性と速乾性を備え、ダウンや化繊中綿の欠点を克服。通気性により蒸れや余分な熱を放出し、ウエア内を快適な状態に保つ。素早く乾くため、熱が奪われない。また濡れた状態においても保温性をキープ。洗濯もでき、簡単にケアできる」とあります。スバラシイ。

Img_1920
こんな高性能な暖かいジャケットなのに、最小の体積のため驚くほど小さくなります。大き目のサドルバッグやジャージのポケットに入ります。

デザインもアフターライド時にきて違和感のないもの。ジーンズ+パフィージャケットもとてもお洒落だと思います。


いかがでしょうか、アンリミテッドシリーズ。ぜひ店頭で手に取って確かめてみて下さいね。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年12月29日 (水)

【SALE】デイバッグ クリアランスセール!

店頭のデイバッグを在庫整理したいので、思い切り値下げしました!できたら春先に新製品を並べたいのでどうかご協力ください!

deuter(ドイター)

Img_1875
ヴェロエアー20|税込み定価12,100円を50%オフの6,050円にて!背中への密着を防ぐハンモック状のネットにより、空間を作り通気性を持たせているのが特徴です。←1/10完売しました。ありがとうございました!

Img_1876
コンパクト EXP 16|税込み定価14,850円を50%オフの7,425円にて!エクスパンダブル構造により、容量を3リットル増やすことができます。←12/31完売しました。ありがとうございました!

Img_1877
RS バイク 12|税込み定価10,450円を50%オフの5,225円にて!ロードバイクのサイクリングに最適な、空気抵抗を受けにくい細身・コンパクトな設計が特徴です。←12/31完売しました。ありがとうございました!

Img_1874
トランスアルパイン24|税込み定価16,500円を50%オフの8,250円にて!2気室構造の、軽登山バックパックのような作りのサイクリングバッグ。ウエストベルトにもポケットがあり、走行中取り出したいものがある時に便利です。

Img_1878Img_1894
スピードライト12|税込み定価7,700円を50%オフの3,850円にて!バッグ本体がたったの350グラム。超軽量なデイバッグにありがちな肩紐部分の簡略化。もちろんドイターはそんなことはせず、幅が広く身体のラインに沿った、長時間背負っても疲れにくいストラップ形状をしています。

Img_1879Img_1895
グラビティピッチ 12|税込み定価7,975円を50%オフの3,987円にて!バッグ本体の重量が390グラムの超軽量バックパック。前述のスピードライトとの違いは両サイドにボトル用ポケットが無く、代わりにハイドレーションパックを使用できる構造であること。

シマノ

Img_1889 Img_1891
T-23|税込み定価16,500円を50%オフの8,250円にて!ウォーターレジスタンスバリスティックナイロン製。特に底部は耐水性の高いターポリン素材を採用しています。さらに下部にはレインカバーが格納されていて、土砂降りの中走らざるを得ない時も安心できます。メイン気室へのアクセスは素早く開閉できる引っ掛けフックのみ。なので貴重品などは正面に見える止水ジッパー仕様のサブ気室に収納できます。また、

Img_1890 Img_1893
サイドに緩衝材に挟まれた、優しいフェルト生地の内貼りを持つノートPC用ポケットを装備しています。正面の3本あるベロクロストラップは、脱いだコートやジャケットを固定したり、スキーの板などを運べたりもします!

DE ROSA(デローザ)

Img_1882 Img_1896
ボックスバッグ|税込み定価14,080円を23.4%オフの10,780円にて!容量は明らかにしてませんが、高さ約40cm、幅約28cm、厚さ約12.5cmと、なかなかの大きさ。開口部はドローコードでぎゅっと閉じることができるため、閉め忘れたままかがんでも荷物が落下しません。

Img_1897 Img_1898
メイン気室へのアクセスはサイドからもできます。また、ノートPCやタブレット用の緩衝材入り仕切りもあります。バッグ天部にスマートホンや財布を入れられます。
Img_1899 Img_1900
背中側に大きなポケットがあるのは本当に珍しい!緩衝材に挟まれていて、A4サイズの書類を入れたとしても硬さを感じにくいです。正面にも割と深めなポケットが。両サイドにはボトルポケットまであり、見た目を越える収納能力を発揮してくれます。

Img_1883_20211229155401 Img_1884 Img_1885 Img_1886
ボディーバッグ|税込み定価7,590円を21.2%オフの5,980円にて!「片」掛けの身の回り品入れとして丁度良いショルダーバッグです。
Img_1907 Img_1908 Img_1909まるで鯉のぼりのような大きな口!

がま口財布のようにがばっと開きます。高さ37×横17×まち10cm。ビール瓶2本くらい入りそうです。

Bianchi(ビアンキ)

Img_1880Img_1902
サイクルスマートパック|税込み定価10,780円を22.2%オフの8,380円にて!高さ40.5cm、最大幅24cm、ほとんど平たいですが最大厚み13cm。上下2気室構造でポケットも多く、両サイドのプラスチックフックにヘルメットを引っ掛けられます。チェレステカラーのレインカバーを下部に格納しています。

Img_1881Img_1905
メットホールドパック|税込み定価12,980円を23.1%オフの9,980円にて!正面のパネル部にヘルメットを収納できます。チェレステカラーのレインカバーを下部に格納しています。
Img_1903 Img_1904
二重の2気室構造で、収納能力は「外」方向へかなりありそうです。ストラップ部にちっちゃいポケットがあり、リップスティックを入れられそうです。


いかがでしょうか。「使ってみたい!」というのは見つかりましたか?バッグってお出かけするイメージが膨らんだり、いろいろ持って行ける安心感があったりで楽しいです。ぜひ手に取って、あれこれ悩んでくださいね。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年12月20日 (月)

コラムカット&シフトワイヤーあるいはオイルホースカットを承ります!

Img_1639collage

みなさん!

今年やり残したこと、の一つが「出過ぎたコラムをカットしてスッキリさせたかった!」ではないでしょうか!?(笑)

さらに、そうしたことでケーブルやオイルホースが弛んでしまい、それらを何とかしたい!とも考えてることでしょう。

やります!【コラムカットキャンペーン2022年1月30日(日)まで】!!

キャンペーン内容は、①このあと書く記事の金額から1,100円引き。②作業の予約が可能(一度お持ち込みいただき、ケーブルルーティングを見せていただきます)。③一晩のお預かり料が無料。です。

Photo_20211212180301
上のイラストは『ハンドルまわり』の工賃部分を切り取ったもの。カーボンコラムカット 税込み2,200円、アルミコラムカット2,750円という内容です。なおこれらはフォークのみお持ち込みいただいた場合の手数料で、自転車ごと持ち込まれる場合はリムブレーキ車で

・ステムの抜き差し(アンカーナット・ヘッドガタ調整に相当)550 
・図にありませんがブレーキキャリパー付け外し 550
で1100円プラス。
ケーブル類カットご希望の場合は3960~7700円。仕様により幅があります。その日のうちにお引き渡しいたします。

これがDISCブレーキの、ブレーキホース・シフトケーブル(またはエレクトリックケーブル)フル内装の場合、
・バーテープ付け外し770
・ステムとハンドル付け外し・シフトケーブル前後付け外し&カット&再調整・オイルホース付け外し&カット + オリーブ&インサート購入・ブレーキブリーディング1100,9350,650,4400
・一晩お預かり料770

の作業がプラスとなり料金は17,040円プラス。工期はひと晩お預かりで翌日夕方お引き渡し(お引き取り日が一日増えるごとに770円が計算されます)です。

なおハンドルやステムに内装されていないDISCブレーキ車ならバーテープ付け外し770+ステム抜き差し・シフトケーブル前後付け外し&カット&再調整・オイルホース付け外し&カット+オリーブ&インサート購入・ブレーキブリーディング550,6050,650,4400。当日お渡しできるのでプラス料金は12,420円です。こんな感じです。
Img_1639 Img_1640 Img_1642
Img_1643 Img_1691 Img_1705 Img_1707 Img_1708 Img_1709 Img_1711 Img_1713 Img_1714 Img_1715
カーボンは硬く、デリケートなので鋸歯を2本消費しまします。ちなみにエアロシートポストの切断には歯を3本使うこともあります。コラム先端を潰さないように若干出るようにします。

Img_1718 Img_1720 Img_1730 Img_1735 Img_1736 Img_1738
完成!

なおハンドルとステムにまたぐように取り付けられたサイクルコンピューターマウント他、作業時に外さなければならない装備品の着脱については個々の付け外し料をいただきますので、よろしければ外してお持ち込みください。

もちろんワイヤーやオイルホースのカットのみ、コラムカットのみも承ります(完全フル内装車は要フルコース)!

皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年12月12日 (日)

クリートの左右調整

Img_1589collage

「高負荷」で「長時間」踏んでいると、左ひざに違和感を感じることがあります。「利き足の右に無理に合わせようとするため、左に負担がかかっているため」と考えてたのですが。

Image0 Image1_20211212231701

おじさんの生足なんか出してごめんなさい💦

ジムでよくやる器具に「レッグプレス」があるのですが最近気づいたことがありました。20回の屈伸を負荷を変えながら15~20セットやるのですが、最後のほうになると左のかかとが内側に移動してました。毎回そうだったので「ただ滑っているんじゃない、これが僕の足の動きだ」と考えて、クリートの横調整をすることにしました。

Img_1586 Img_1589

今までの中央取り付けの場合、たまに足がフレームに当たるなあって思い「癖を直さなきゃ」と意識して正面を向くようにしてました。それを、

Img_1590 Img_1593

クリートをもっとも内側に移動し、足が開くように設定。振り角4.5°のグレークリートを目一杯振っても足がフレームに触れないようになりました。

そして頑張って足先を正面に向けようとせず、ありのままにさせたら・・・かなり良くなりました!

Qファクターが狭いほうがもちろん効率がいいのですが、身体に違和感を感じず何時間も練習できたほうがプラスになる。「いまさら」感でいっぱいですが、まだいろいろ試せることがあるんだなあって思いました!

皆さんのご参考になればと思い書きました!良かったら「こうしたほうがもっといいよ」などのご意見をくださいませ🌝

 

2021年12月 3日 (金)

カステリ社の大きいサイズ(Men's)が入荷しました!

大きいビブタイツ

Img_1512 Img_1513
ソルパッソ RoSビブタイツ XLサイズ(税込み販売価格24,255円)。以前レディース用ウエアの紹介記事内で書いた内容と重複しますが、それに少し付け加えた内容でご紹介します。

0~12℃という数字だけ聞くと『0』にしか目がいかず「暑そうだな」と言う印象を持つ方も多いと思います。昔はそうでした。しかし年々素材や製法は開発が進み、今や普通の秋用タイツのような薄さとストレッチ性のまま大変温かく、しかも防風であり防水でもあると言う驚異の進化を遂げています!もう某A社のAIRBLOCK851は化石です!そして

この薄さがポイントで、生地の厚みに邪魔されず、衣服内にこもった蒸気や余分な熱は外へ排出されます。汗で身体が冷えてしまうのを防ぎ、ガンガン踏んでいるときの熱気でやる気をそがれることもありません。設定気温12℃前後の小春日和の中で、本気を出して走れます。

それを可能にしたのが『ナノフレックス 3ジェネレーション』。NANO FLEX生地の3世代目となるこの材料が使われたカステリウェアは、すべて性能が保証されている!と言っても言い過ぎではありません。マイクロフィラメントの機械撥水処理、短鎖化学DWR加工(多孔コーティングのようなもの)された高性能な布を、少ない縫い目で縫製して作られた最高レベルのウエアです。休憩中にアスファルトに直に座るなんてもったいないことです(笑)。落車で破くなどもってのほかです。

Img_1514 Img_1515
さらに快適さを享受できるパーツにこだわるのが『ロッソコルサ』シリーズの妥協が無いところ。タイツ部を吊り上げるビブストラップ部分は、幅広で柔らかくもしっかりしたバンドです。レディース版でも書いた通り、まるでズボン吊りのように縫い付けられているため腹部の圧迫は皆無です。

そのバンドは肩から背中へ、そして腰へ繋がっています。ぜひ履いて確かめてほしいのですが、「まるでデイパックを背負うかのように、タイツを背負う感覚」です!すごく安定しています。

Img_1501 Img_1502
この膝下がグレーに色分けされている特徴的なビブタイツが、-2~10℃に対応するナノフレックスPRO2ビブタイツ XXLサイズ(税込み販売価格29,500円)です。名前に『RoS(レインorシャイン)』が付いてませんが、このプロ2もRoSグループの一員です。RoSマークがつく製品の特長は「カバーする気温帯が広い」「レインとあるが雨が降らない地域や雨の日は乗らないなどに関係なく晴天時に快適」「防風生地に頼らずナノフレだけで防風」が挙げられます。

ナノフレックスPRO2ビブタイツはNANO FLEX エクストラドライと言う名のナノフレ強化版でできています。防水性と保温性に優れた2層のニット生地で、風を遮り体を暖かく維持します。

継ぎ目が少なく水の浸入を防止します。

デイバッグを背負っているかのようにタイツを負担なく「背負え」ます。

背面は2層構造で、後輪からのしっぱねから体を保護します。

Img_1503 Img_1504
ウエストのサイド部分は少し高さがあるため保温性が上がっています。小用をたしやすいように正面は普通の高さ。締めつけられる感覚は無く、お腹いっぱいご飯を食べても大丈夫ですよ😄

膝下のグレー部分は反射性のある防水ガードです。地面からはねた水しぶきから足を保護します。トンネル内や夜間走行時の安全を保障します。

Img_1506 Img_1507
ナノフレックスタイツの末弟がこのトゥットナノビブタイツ XL(税込み販売価格20,350円)です。想定する使用環境は14~20℃とあり、カバーする範囲はRoSのそれほど広くはありません。そうこれはRoS(レインorシャイン)ではありません。

しかしながらナノフレックスG3を使用し非常に柔らかく暖かく、優れた防雨性を備えています。

作りをシンプルにしてコストを抑えています。

脛のグレー部分は反射素材です。

Img_1509 Img_1508
ナノフレックスG3は大変伸縮性が高いため、このようにしわや縫い目が少ないつるんっとした見た目になります。


さてさてここでスタプレブログを読んでいただいてる方は、「?トットゥナノビブタイツと、別記事に合ったベロチッシモ5ビブタイツが割と近いんだけどどっちがいいの?」と思いませんか?ベロチッシモ 5(税込み販売価格18,315円)は8~16℃対応ですが価格が近いですね。

ベロチッシモ5ビブタイツは「サーモフレックス」と呼ばれる保温・透湿素材でできています。ナノフレックスのように撥水性や防風性はありませんが、より高いストレッチ性があり放湿性も高い。

いろいろ使える便利アイテムとして考えるならTUTTO NANO ビブタイツを、高いケイデンス・高負荷・タフなコースレイアウトの中走るシリアスライダーはVELOCISSIMO 5 ビブタイツを選択すると良いのではないでしょうか?

僕は・・・通勤やツーリングならナノフレックス素材のものを選びます。
チームで、またはお客さんと高負荷な練習をするときはサーモフレックスのほうが柔らかいので、きつい前傾姿勢をとるためベロチッシモですかね。

メーカーさん在庫の大きなサイズをかき集めても、これしきのボリュームにしかなりませんでしたがいかがでしょうか?これで寒い冬を快適に乗り越えることが出来れば幸いです。

皆さんのご来店をお待ちしています!

カステリ社のメンズ冬用ウエアが入荷しました!

12/10追記|本日遅れて「0~12℃ソルパッソ BIB タイツ」のMとLが少量入荷しました!商品説明は別記事のこちらをお読みください。

Img_1271collage

大変遅くなりましたが(もう12月…)新入荷したカステリ社のメンズ製品をご紹介します!

ただ今季を最後に今まで仕入れていたお取引様がカステリ製品のお取り扱いを終了してしまうため、例年足りないものを期中に追加注文出来ていたのができなくなりました😢

今後はシーズンスタート時に、先行してオーダーしていた分が一便のみ届くというスタイルになります。カステリジャパンのウエブサイトで直に販売しているようなので、当店にないものはそちらをご利用ください。うーん取り扱い販売店ってなんなんだろう。

ブログに上げる前に販売してしまったものもありますがご了承ください。ご来店優先ってことですね。

ビブタイツ

Img_1278 Img_1279 Img_1280 Img_1282
写真は僕が注目してたビブタイツ”ベロチッシモ5ビブタイツ”。今年の2月に山梨から来てくれた営業担当の紹介で「そうだよ、こうあるべきだよね」とうなずき合った新製品です。税込み価格18,315円(税込み定価19,800円)にて販売しています。

このタイツは同社のラインナップ中最も柔らかく、ストレッチ性に優れたサーモフレックス生地をほぼ全体に使用しています。ブンブン足を回せますし、対応温度帯は8~16℃としながらも高負荷でトレーニングする競技者であれば真冬でも丁度良い。そして特筆モノなのが色が変わっている膝下部分です。

『ジッパーが無いこと』は、シューカバー装着時にジッパーが当たって足首あたりが痛くなるのを防ぐ、脱ぎ履きが素早く行える、タイツ自体が軽い、破損リスクを軽減できるという四つの利点があり、まさに求めていた性能でもあります!

そしてこの膝下部分はナノフレックスのフリース素材で出来ていて、防風で撥水し保温しストレッチ性能を提供します。実際のライディングにおいて風は太腿には当たらず脛や足、そして膝に当たります。このベロチッシモ5ビブタイツは紙のカタログの中で「理想的な」と表現しています。

カラーはブラック/シルバーリフレクトのみ。サイズはS、M、Lをご用意しています。もっと注文しておけばよかったかな~。

Img_1260 Img_1262 Img_1263
上の写真はエントラータビブタイツ。ビブ部以外をサーモフレックス生地とした、やはり暖かく柔らかくよくストレッチする、運動性が高いタイツです。ネーミングの通りエントリーユーザーがお求めやすい価格、税込み14,754円(税込み定価15,950円)にて販売しています。Lサイズのみ残ってます。

対応温度帯を6~14℃とし、さすが裾まで全部サーモフレックスという抜群の保温性能を発揮します。先のビブタイツと比べるとお腹部分がメッシュだったり、サイドや膝のパネル形状が簡素化されたりしています。

Img_1250 Img_1251 Img_1252
先日書いたレディースウエアの記事にもご紹介した厳寒期用ビブタイツ、ポラーレ。今回で3世代目となる”ポラーレ 3 ビブタイツ”はゴアテックスインフィニウムウインドストッパーを前部分に使用し、その内部は全体に起毛素材を配置。昔の防風素材は固く冷たく、それが肌に伝わってしまい逆に寒く感じたものですが本当に進化したものです。何もしなくても暖かいです!対応する気温は-5~5℃で、真冬の早朝から元気に乗り出すことができます。

腰と膝下にナノフレックスを配置して、水しぶきやタイヤで跳ね上げた雪や水滴からガードします。

腿とふくらはぎの再帰反射プリントは、シンプルながら全体のデザインをスマートにまとめ、足長に見せるように配置されています。

ポラーレ3ビブタイツは税込み25,245円(税込み定価28,050円)で販売中です。Mサイズのみ残っています←完売しました。ありがとうございました!

Img_1274 Img_1276 Img_1277
また逆に「日の出てる日中に数時間しか乗らない」という方に人気のタイツ、エントラータサーマルビブニッカーは12~18℃での使用を想定した簡易防寒タイツ。エントラータビブタイツのふくらはぎから下が無い製品ですが、使ってみると十分暖かく暑くならず快適です。カバーできる季節も晩秋~冬の昼間~春先と約5か月半も使えます。税込み価格13,736円(税込み定価14,850円)にて販売中です。S、M、Lサイズをご用意しています。

長袖ジャージ

TOTTU NANO RoS JERSEY(12~17℃)
Img_1257 Img_1259
トゥットナノ RoS ジャージはネーミング通りレイン or シャインの全天候型ジャージです。使用されるNano Flex G3の生地は非常に高い伸縮性でピッタリレースフィットなのに窮屈さは全くありません。そして暖かく撥水性に優れます。ノーマルの冬用ジャージと比べて生地がきめ細かく、防風性も提供します。にもかかわらず防風素材を用いているわけではないので蒸れず、快適な状態をキープしてもらえます。内側はすべて起毛していて肌触りも非常に良く、「今日は気温が上がりそうだ」という日はノースリーブのメッシュアンダーウエア一枚の上に羽織っただけでも衣擦れしません。税込み価格21,285円(税込み定価23,650円)にて販売中です。MとLがあります。

FOND 2 JERSEY(12~18℃)
Img_1264 Img_1265 Img_1266 Img_1268 Img_1269 Img_1271 Img_1272 Img_1273
このフォンド 2 ジャージはスタンダードフィットで、どんな体形の方にもフィットする伸縮性があります。やややせ形の僕も、少し体格がいい人も、同じ身長ならMサイズでカッコ良く見えます。税込み価格15,000円(税込み定価16,280円)で販売しています。それぞれMとLがあります。

内側に厚手の起毛加工を施した、保温性と吸湿性に優れるポリエステル100%の長袖ジャージは、重ね着のコアとなるアイテムです。季節に応じてアンダーウエアの種類を変えたり、ベストやウインドブレーカーを重ねて真冬に対応することができる大切な役割を担います。これを着こなせればレイアリングの上級者と言えますよ!

そうワンポイントで配置されたカラー部分はすべて再帰反射プリントで、意外と日中でも反射するので安全を確保できるとともに、デザインとしてもスマートな印象を与えてくれます。特に腕部分のそれは、ベストと重ねた時に素晴らしく見えるようデザインされたそうです。いろいろな重ね着を楽しんでみて下さいね!

ジャケット

Img_1254 Img_1256
「ジャケットとはウインドブレーカーをより高品質な素材で作った、言うなればウインドブレーカーの仲間です。」

このゴージャケットはゴア素材の中で最軽量のゴアテックスインフィニウムウインドストッパーを採用した、カステリ中最も汎用性が高いウインタージャケットです。透湿性と伸縮性を活かし、気温14℃ほどの小春日和の時はウインドブレーカーとして使用。起毛ジャージの上に羽織れば4℃ほどのかなり寒い時に防寒シェルとして機能。

さらに街着のようなカジュアルさも併せ持ち、自転車から降りた後もエレガントに着こなせます。ストレッチ性、通気性、防風性、撥水性、軽量性にデザイン性まで高いゴージャケットは、ウインターシーズンに毎日でも羽織って出かけていただきたい信頼の一着です!

最近のアパレルに人気のカラー、ミリタリーグリーンのM、Lをご用意しています。税込み価格29,500円(税込み定価32,780円)にて販売中です。

他にも新作のウインドブレーカーが入荷しています。次回はそれらをご紹介しますのでお楽しみに!

しかしながら十分な量とサイズをご用意できなくて申し訳なく思っています。こんな厳しいご時世だからこそメーカーさんには消費者目線のきめ細かい対応を求めたいのに、まずは自社の存続を一番にと考えたのでしょうか。最終的にどこへ向かって行くのでしょうねえ。

それでも僕たちはペダルを止めることなんてできませんよね😄この冬も元気に乗り越えていきましょう!皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年12月 1日 (水)

シマノ社製ディスクブレーキパッドが少し入荷しました。

Img_1480

今回はシマノ製品の中でも全6種類ある、純正のロード用パッドの違いをご説明します。またシマノ社製ロードバイク用ディスクブレーキパッドが少量入荷したのでご案内しますね!

まずは完成車やブレーキキャリパーを単品で買ったとき最初付いているもの。

L03A|デュラエース、アルテグラ、105の装着品。税込み定価は2,114円
K03S|ティアグラ、GRXの装着品。税込み定価は1,001円

「L」から始まると放熱フィン付き。「K」はフィン無し。
「03」はレジンパッド。
「A」は支えの板(バックプレート)が合金。「S」はステンレス製です。

以下は別売のオプション品です。

K03Ti|バックプレートがチタン「Ti」の最軽量パッド。税込み定価1,732円
K04S|「04」はメタルパッド。税込み定価1,977円
L04C|「C」はバックプレートが合金とステンレスのコンビネーションプレート。税込み定価3,239円
K04Ti|記号と数字の意味、もう分かりましたか?最後のこれは、フィン無しメタルチタンプレート、ですね!税込み定価2,659円

Img_1478 Img_1479
今回どどいたのはK03Ti(フィン無しレジンチタン)とL04C(フィン付きメタル合金ステンレスのコンビ)です。

標準品のL03A、K03Sは1月下旬~2月上旬に入荷予定です。

「どれ選べばいいの??」と言う人は何も考えず標準品を待てばいいのではないでしょうか?少し考えて「違うものを使ってみたい!」と言う方、待てない方は以下を参考にしてください。

まず静粛性が一般の方の関心事。「03」レジンが全てにおいて静か。

耐フェード性。富士ヒルや榛名の下りでフェードすると怖いですね、効かなくなって。「04」メタルが圧倒的に良い。

モジュレーションという比較項目があるのですが、ビブラート(振動)に対して有効か。これは「03」レジンが良い評価。

「L」フィン付きは放熱する能力により上記の弱点を補い、全体の性能を均一化します。

「Ti」プレートは単純に軽量化ですね。反応性は上がりそう。「S」ステンレスはエコノミータイプってこと。

これを見ると、従来のゴムブレーキ同様に万能な物は無いのだな、ということが良く分かります(笑)

参考にしてくださいね!

12月の店休日

Img_1381
2022年のシマノレーシングカレンダーが届きました!お買い物を税込み2,200円以上していただいた方で「カレンダー欲しい」とご希望される方に、お1人様一本差し上げています。

カレンダーを見ると大晦日が『金曜日』。これは営業スケジュールを組みやすいパターンだ。31日まで営業して土、日、月、火と程良い4連休をいただき、仕事始めは5日の水曜日からにしよう。

と言うことで12月の店休日をご案内します。
7日(火)定休日。天気予報は雨予報☔乗るなってことかな(笑)。
14日(火)定休日。市の集団検診。健康体でありますように。
21日(火)定休日。通っているジムで先月『脂肪撃退キャンペーン』なるものに応募しちゃってて、年明け早々二度目の計測を行って判定されるので悪あがきをするつもり。
28日(火)定休日。

以上4日のお休みをいただきます。
また5日の日曜日は超初心者練を予定してるため開店時間を12:00とさせていただきますのでよろしくお願いします。

それでは12月もよろしくお願いします。皆さんのご来店をお待ちしています!

まったく余談ですが、先月は劇団四季のミュージカルを初観劇に行ってきました~😊演目は『アナと雪の女王』。今年の6月から予約していて超楽しみにしていました!ホームページのプロモーション観ると、東京の街が氷に包まれる映像が流れていたので「日本が舞台のオリジナルストーリー?」と思ってたら内容はアニメ映画と同じものでした❆⛄❅でも生で「Let It Go~ありのままで~」が聴けて超感激しました~(*´▽`*)
Img_1285 Img_1291 Img_1293 Img_1294

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

活動カレンダー

  • 予定表
無料ブログはココログ

リンクバナー