« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月29日 (月)

Shimano R8100系 アルテグラコンポ1台分が入荷しました!

Img_1417collage
「変速スピードの速さを追求した結果、セミワイヤレスになった」というシマノ社12速ロードコンポーネント『NEW ULTEGRA R81系』が一式入荷しましたのでご紹介します。今回入荷したセットは、Di2(言うまでもなく新型12Sはすべて電動コンポ)のディスクブレーキ仕様のシフト・ドライブトレイン一式、クランク170mm/50-34T、カセットスプロケット11-30T、ディスクローター140mm&160mm他となります。ご紹介するもの以外に使用するフレームに対応するボトムブラケット、コンセントに差すためのACアダプターが必要です。

リアディレーラーRD-R8150(税込み販売価格41,880円)
Img_1416 Img_1417
変速スピードは、今でも11速シリーズとして継続販売されているRD-R9150よりも58%も速い、最速のリアシフティング。レバーから無線で届く信号をリアディレーラーが直接キャッチするため、瞬間的な変速が可能になったということです。新型Di2の心臓部であり、充電器としての機能、従来のAジャンクションの機能、スマホやサイコンと同期するためのワイヤレス機能を一体化したものです。
「そんな重要部品を、なぜそんな転倒したらすぐ壊れそうなところに配置したの?」という質問がもちろんありました。シマノ社によると、前々作の外に出っ張っている形状から前作のシャドウデザインに変わったことで、破損リスクが減ったからだそうです。最高の軽さや性能を実現するために、物凄くいろいろな組み合わせを考えてここに行き着いたそうなので、ぜひそれを体験したいものです。
使用できるスプロケットは用意されている11-30T、11-34T両方に対応します。

フロントディレーラーFD-R8150(税込み販売価格26,282円)
Img_1418 Img_1420
継続販売されているFD-R9150よりも45%速い、最高のフロントシフティング。デザインもより小さくなりました。動きもより滑らかで重量もより軽くなりました。

デュアルコントロールレバー&ブレーキキャリパーST-R8170+BR-R8170(税込み販売価格51,495円×2)
(右レバー前ブレーキと、左レバー後ブレーキが別商品のJキットと呼ばれる商品です。)
Img_1421 Img_1422 Img_1423 Img_1426
ブレーキはパッドクリアランスを10%広げることで、ダンシングやコーナリング時に「シャンシャン」鳴るのを軽減しました。では遊びが大きくなったのかと言うと、ST-R8170との組み合わせにより握り込んだ時の距離は従来品と一緒になります。ちなみにこのBR-R8170ブレーキキャリパーのみ、従来のレバーと互換性があります。この場合遊びが少し大きくなると思いますが、音鳴りを解消したい方はぜひお試しください。キャリパーのみの販売価格はフロント税込み8760円、リア8226円です。
またレバーの頭が少し内側を向き、デカくもなりました。これは選手からの「そこを持って走りたい」と言う意見を取り入れたということです。わかるわかる!

フロントチェーンホイール(クランクセット)FC-R8100(税込み販売価格32,265円)
Img_1427 Img_1428
入荷したのは50-34Tですが、52-36Tも選択できます。前作に設定があった53-39は消えました。内容はほとんど変わりません。アウターチェーンリングはご存知の通りもなかのように中空のホローグイライド構造。軽量ながら強度を維持し、パワー伝達性と素早く正確なシフティング性能を実現します。

カセットスプロケットCS-R8100(税込み販売価格11,752円)
Img_1429 Img_1430
入荷した11-30Tの内訳は、11-12-13-14-15-16-17-19-21-24-27-30。これひとつでほとんどの状況をカバーできます。ロー側が3T差しかないし、それ以外はほとんどクロスギアなのでスムーズな変速が期待できます。今までの11Sホイールにも取り付けできます。

ディスクローターRT-MT800(税込み販売価格5,249円×2)
Img_1431 Img_1432
たいてい前に制動力の高い160mmを、後ろに140mmのものをセットするため異径のご用意となりました。もちろん軽量化や音鳴り軽減を求めて前も140mmにして構いません。それでも十分効きます。ちなみに以下の写真のように、センターロック取付方法はインターナルと呼ばれる、カセットスプロケットを取り付ける工具を使用する方式と、エクスターナルと呼ぶBBを取り付ける工具を使用するタイプがありますので、使用するホイールによって選択してください。
Img_1433 Img_1434

チェーンCN-M8100(税込み販売価格4,710円)
Img_1435
マウンテンバイクのXTと共通のチェーンです。すでに市場に投入され、性能は過酷なマウンテンバイクの世界で証明されています。インナープレート(雄プレート)の面積を広げることで歯との保持力が高まり、シフティング性能が強化されています。

バッテリーBT-DN300(税込み販売価格17,100円)
Img_1436 Img_1437
新規格のエレクトリックケーブルEW-SD300に対応し、リアディレーラーとフロントディレーラーに繋ぎます。従来のDi2製品と互換性はありません。

充電ケーブルEW-EC300(税込み販売価格4,548円)
Img_1439
RD-R9250とRD-R8150リアディレーラーのほか、パワーセンサー付きクランクセットのFC-R9200Pの充電にも使用します。長さ1.7m。

エレクトリックケーブルEW-SD300(900mm税込み販売価格2,489円、1200mm 2,553円)
Img_1440 Img_1441 Img_1443
より小型化と軽量化を果たしました。フレームの中を通す時もラクそうです😊
リアディレーラーから長い方をバッテリーに、短い方をフロントディレーラーに繋ぎます。

いかがでしょうか?上記の合計金額は税込み257,067円です。先に書きました通り、ほかにボトムブラケットが必要です。
これから組むならせっかくだから最新のもので、と行きたいところですよね!ただ今回ご紹介したNEWアルテグラは、セット販売のみとさせていただきたいのですが宜しいでしょうか?単品の受注もスタートしましたが、まったく入荷見込みが立っていないものですから。

なおクランク52-36セットやデュラエースのセットも予約してあり、順次届く予定です。そちらもどうぞご期待ください。

皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年11月26日 (金)

【募集】12/5の日曜日に超初心者練習会を行いま~す。

対象|当方の規約に同意いただける方

申込|12/3(金)18:00までに店頭にて

時間|7:45集合8:00スタート~11:00終了予定変更しました!8:45集合9:00スタート11:30終了予定

場所|道の駅思川~岩舟~皆川~太平山~道の駅思川

距離|約48km

速度|巡航速度 時速25km/h(上り区間は10km/h)を目指します

休憩|太平山にて大休憩あり(お茶代が必要です)

 詳細は店頭にてご案内します。まずはご来店ください。なお雨天時は翌月に延期します。

店内商品ほぼ全品5%オフの😊プレミアムフライデー😊を実施中

Img_7136_20211126142301

昨年末に復活した一年限りの『プレミアムフライデー』も、いよいよ今日を含めてあと6回となりました!

おかげさまで大変ご好評いただいています。

プレミアムフライデーは本来、毎月【最終の】金曜日に月一回行うものですが、コロナ禍において少しでも皆さまのご負担を減らそうと、コロナが収束するまではという条件で毎週金曜日に行ってきました。残念ながら未だ油断できない状況が続いております。

しかしながら一年間の復活というキャンペーンでしたので、最終実施日を12/31(金)として予定通り終了させていただきます。一年前の告知だったため忘れてしまった方も多いと思い、再び掲載いたしました。

店内商品に限るという制限付きの中、自転車本体やコンポなど十分な品揃えができておらず、魅力も半減しているかと思います。それでも何かのお役に立てれば幸いです。皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年11月21日 (日)

カステリ社のレディース冬用ウエアが入荷しました!

Img_1211collage

今季入荷したレディースのオータムウインターモデルをご紹介します。暖かくお洒落でカッコいいジャージや、最近やっと受け入れられ始めたビブ付きのタイツなどが新入荷しました。

10℃前後の気温帯(個人の感覚に依る)
Img_1230 Img_1231
ベロチッシマビブタイツは同社のビブ付きタイツ中最もリーズナブルながら、柔らかく伸縮性に富みフリースのような暖かさを提供します。通気性透湿性を持ち、汗をかいても内部にたまりにくく、汗冷えから体を守ります。裾にかなり目立つリフレクトプリントを配置し、ちょっとしたアクセントにもなっています。税込み価格17,800円(税込み定価19,250円)にて販売しています。5~15℃対応としています。

Img_1232 Img_1233 Img_1234 Img_1235 Img_1238 Img_1239 Img_1240 Img_1241
Img_1212 Img_1213
シナージア 2 ジャージは秋冬ウエアのベースになる裏起毛ジャージです。フワッとした着用感覚ながらボディーラインに沿ったスマートなシルエット。基本的なレイヤリング(重ね着)の考え方は、まず単体で使用。寒くなったらベストやウインドブレーカーで調節。さらに寒い時期に、中に厚めのアンダーウエアを着ても突っ張らず、外に厚めのジャケットを羽織っても動きが鈍くなることがない素晴らしいストレッチ性能を発揮します。税込み価格15,771円(税込み定価17,050円)にて販売しています。12~18℃対応としています。

このシナージア2の藍色/ゴールドと次にご紹介するソルパッソRoS W ビブタイツの藍色/ゴールドはレディースのみのリミテッドエディションモデルです。製品を紹介してくれた当時の営業担当者(男性)は「すごくかっこいい!なぜ男性用を作らないんだ!?」と残念がっていましたよ。僕も同意見( ̄▽ ̄)

5℃前後の気温帯
Img_1204 Img_1210 Img_1211
ソルパッソ RoS W ビブタイツは完全防風生地を使わず、程良い防風性を持つナノフレックスエクストラドライを太腿前面と脚に配置。暖かさを提供し、地面から跳ね上がる水しぶきも通さず快適さを保ちます。全体的には「通気性」「ストレッチ性」「高い撥水性」のあるナノフレックス3Gで出来ていて、可能な限りこれ1本で幅広い気象条件の中、快適かつハイパフォーマンスを発揮できるように作られています。製品名のRoSはレイン or シャインのことで、全天候型を意味します。0~12℃対応としています。

そして生地だけではありません。解剖学的に考えられた型は膝とお尻にカーブを持たせ、完璧なフィット感を提供します。フラットでシームレスなストラップは、肩にかかっていることが気になりません。またエントリーグレードとは違い、本当のズボン吊りのような取り付け方になっているので腹部の圧迫感が無く、脱ぎ履きも大変スムーズです。

ソルパッソロスビブは税込み価格24,255円(税込み定価26,950円)にて販売しています。

Img_1220 Img_1221 Img_1225 Img_1226
アンリミテッド パフィ ジャケットはハイスピード目的ではなく、長く走りたい時に暖かさと快適さを提供します。驚くほど軽く、200グラムを切る軽量性は「ウインドブレーカー?」と思うほどですがかなりしっかりした防風ジャケット。

撥水コーティングされたマイクロファイバーシェル。最小限の容積で最大の保温性を発揮するポラテック アルファ ダイレクト生地。

袖、サイド、背中にナノフレックス生地を使用し、快適なストレッチ性と通気性を確保。
Img_1222 Img_1223 Img_1224
わき腹にジップ付きポケット、バックに乗車していない時に自然に見えるようフラップを付けた大型の2ポケット。内側はフワフワしていて本当に暖かそうです!

アンリミテッド(制限しない)W パフィジャケットは税込み31,680円(税込み定価35,200円)にて販売しています。2~14℃対応としています。

0℃前後の気温帯
Img_1216 Img_1217 Img_1218 Img_1219
ポラーレ W ビブタイツはゴアテックスインフィニウムウインドストッパー生地がフロント側全体を覆い、冷たい風をシャットアウト。ナノフレックスG3を背面に配置して水しぶきなどを防ぎます。前後にシンプルかつスマートに再帰反射プリントをほどこしています。

Img_1228 Img_1229
裏返すとこんな感じです。全部が起毛のサーモフレックス生地で、表面のウインドストッパー素材と貼り合わせられていても十分な伸縮性を保ちます。そして黙って立っているだけでも温かい。夕方、足が売り切れて踏めなくなったとしても、寒さで更にダメージを受けることがありません!ポラーレWビブは税込み25,245円(税込み定価28,050円)にて販売しています。-5~5℃対応としています。


女の人が寒さで辛い思いをしないようにいろいろ揃えてみました。タイツは新入荷製品がビブ仕様だけですが、店頭にはビブ無しもありますのでぜひ手に取ってご覧ください。

貴女様のご来店をお待ちしています!

2021年11月20日 (土)

ビブタイツのきれいな畳み方

Img_1324collage

今日は解けにくい、まとめやすい収納術をご紹介します。つい最後にビブ部分を利用して固定したくなりますが、なかなか上手くまとまらないのがビブタイツ(タイツも)。

Img_1334Img_1335

こんな風にすぐ開いてしまいますね。以前ショーツをクリアファイルでまとめる方法をご紹介しましたが、タイツは厚いため入りませんでした。そこで開発したのが以下の方法です。

Img_1324 Img_1325

ビブ部分を内側に押し込みます。

Img_1326

パッドは右部分と左部分を重ね合わせる感じで半分に折ります。

Img_1327 Img_1328

全体を真っ直ぐに整えて、半分に折ります。

Img_1329 Img_1330

さらに今度は半分より多めに折って、ビブ部分を押し込んだところに足部分も押し込みます。

Img_1331 Img_1332

最後に腰部分をこちらに被せて、足部分がより奥へ潜るように押し込みます。

Img_1333完成\(^o^)/

持ち上げても投げても広がりませんよ!これでタンスの中や遠征バッグの中がスッキリします。シワにもなりにくいので、衣替えでしばしのお別れの時に特におすすめです!レッツトライ!

追記:
ビブタイツの場合ビッグサイズだと口が広すぎるので、よりしっかりまとめたい時はウエスト部分を折って入口を狭くすると良いです。ビブ無しはゴムが入ってるので割りとそのままいけますよ。
Img_1337 Img_1338-1 Img_1339 Img_1340

2021年11月19日 (金)

カステリ社冬用アンダーウエア”ミラコロ ウール 長袖”が入荷しました!

Img_1250collage

このMIRACOLO WOOL LSは対応気温が4~15℃。ちょうど今の季節に使いたいアンダーウエアです。税込み13,431円(税込み定価14,520円)にて販売しています。MとLが入荷しました。

Img_1246

箱を開けると一見「夏用?」。ストレッチ性と耐久性を確保するため、メッシュのメリノウールにナイロンを混ぜています。

Img_1247 Img_1249

薄いのでかさばりません。タイツの中に裾を入れた時のモコモコ感ゴワゴワ感がありません。上に羽織るウエアは長袖ジャージだったり、防風ジャケットを直に着たりといろいろなレイアリングが考えられます。メッシュなので高負荷で走っても汗でびしょびしょにならないということです。

このアンダーウエアが最初目撃されたのが、2020年のジロデイタリアにおいてタオ・ゲオゲガンハート選手がステルビオ峠が着用していた時だそうです。「何アレ!?」と話題になったそうです。その時のインプレが「驚くほど暖かく、体から水分を吸収し、メッシュで暑すぎない」。

高価ですが、寒い朝と暑いお昼頃を走るこの季節から使っていただきたいアイテム。ぜひ手に取ってご覧ください。皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年11月12日 (金)

ドイツのアドベンチャーバイクブランドBOMB TRACK社の”オダックス AL”を試乗車としてご用意しました!

Img_1183

ブランド名のBOMBはもちろん爆弾の「ボム」ですが、あえてネイティブに「ボントラック」と発音させていただきます!どうでもいいことです!

同社はシクロクロス、マルチユース、グラベル、ブルベ、大陸横断に使用する自転車を製作する、ちょっとわくわくするブランドです。2022年モデルよりスタプレでも取り扱いを開始しました。メーカー在庫状況や入荷状況はメジャーブランドと比べ少し安定していて、今在庫切れのものも年明け1月にいくつか入荷予定があるようです。あと比較的リーズナブルです。

試乗車にしたAUDAX ALはフレーム価格で税込み定価112,200円、完成車で買うと税込み定価261,800円です。スペックは公式ホームページを見て下さい。見るとチェーンリングとかカッコイイなと思いましたが、コンポーネントがマイクロシフト社のものだったので迷わず「よしフレーム買いにしよう。」ということになりました。サイズはSです。

Img_1185 Img_1186

ブレーキは以前ツイッターでご紹介したグーロータック社の”EQUALメカニカルブレーキ”。「効きや引きの軽さを体験してみたい」という方のためにセレクトしてみました。

Img_1188 Img_1189

ケーブル類はBB下までダウンチューブ内部を通り、そこから各パーツへフルアウターで這わせます。コンポーネントはSRAMライバル1×でシンプルに仕上げました。50T/11-36Tの組み合わせは、フロントダブルだと50-34T/11-25Tあたりに相当します。

Img_1191 Img_1192

タイヤは700×35C。空気圧設定を4~4.5barにしたかった(空気圧で選んだ)ためです。「ワイドリムで」「太いタイヤで」「低圧で」「軽く楽に走る」という最近の新常識を取り入れました。

Img_1190

本当はこのフレーム、ホイールは650Bサイズを使用する設計です。650Bのリムがメーカー欠品中だったため700Cのものを装着。なのでこれは仮の姿です。そのうちホイールが変わって、もっとカッコ良くなってます😄

上位モデルのクロモリにすれば良かったな、という気持ちを未だ引きずってますが(笑)上出来に仕上がりました。せっかく組んだので是非皆さんに試乗してもらいたいです。メーカーサイドのお話だとクロモリはもっと良い、ということですよ~

皆さんのご来店をお待ちしています!

パールイズミ社「CITY RIDE(旧名称フリージー)」9334-BLウォームプリントジャージをご紹介します!

Img_1173

今年の春から男女兼用になり、他のラインナップとは別のサイズ表が用意されたシティライドシリーズ。袖を通せた方がより良いだろうと、売れ筋のSとMを少量入荷しました!写真はもちろん男性マネキンがMサイズを着用、女性マネキンがSサイズを着用しています。記事の最後にメーカーへのリンクを貼っておきますね!シティライドの表はだいぶ下の方です。

Img_1174

9334-BL シティライドウォームプリントジャージは税込み12,672円(税込み定価14,080円)にて販売しています。

このグリーンのカラーネームは「ノイズ」。細かい横線が散りばめられて、単調ではない独特なデザインを作っています。ペアで着用したらすごくかっこいいと思います!

Img_1175 Img_1176

男性マネキンのカラーは「チェッカー」、女性の方は「タータンチェック」。あえて同じ柄を避けつつもしっかりペア感が表現できるのでは?と思いセレクトしました~😊

なおシティライドシリーズの中にはメンズとレディースに分けた”9336(W9336)-BL シティライドフーディー”というのがあり、メンズ用のサイズ表は公開されているのにレディース用は無く「どのサイズ表見ればええねんっ⁉」と思ったので、レディースのMサイズだけご用意しました。税込み11,682円(税込み定価12,980円)にて販売しています。

Img_1177 Img_1178 Img_1181 Img_1182

袖の長さと丈を見るかぎり男女兼用モデルのSサイズより小さそう。うーむ、Lも入れればよかったか。

Img_1179 Img_1180

右後方に大き目の外装ポケット、左右にジッパー付きのポケットが付いています。これなら前傾姿勢でライドしても物が落ちずに済みます。

こちら、サイズが確認できるメーカーへのリンクです。

カフェライドやランチライドにお勧めのシティライドジャージとフーディーは、もちろん信頼の耐久性を誇るMade in JAPAN。数シーズンにわたりその性能をキープできます。9334プリントジャージは先日ご案内したスポーツラインナップと同じ『サーモドレスネオ』を採用し、本気を出しても快適です!

皆さんのご来店をお待ちしています!

2021年11月 1日 (月)

11月の店休日

Tenkyuu

まずは営業時間についてご案内します。

8月から実施している8:00am~6:00pmの特別シフトを今年いっぱい続けることにしました!

理由としては、長く続いた時短営業の世界で、皆さんが一日の活動を終了しお家に帰る時間が早まり、その習慣がついたためか夕方5時以降のご来店がものすごく減ったことが挙げられます。その代り朝8時から開けていると通勤中信号待ちをしている方々がチラチラこちらをうかがっていて、そのおかげか「この道を毎朝通っていて、気になって来てみました」と言っていただける新しいお客さんが少しずつ増えてきました。この効果も認めたい、と思い特別シフトを続けようと考えました。

この前初めてGOOGLE MAPと名乗る会社から電話があって、「そちらの営業時間を教えて下さい」と聞いてきました。僕はグーグルマップで自分の店なんて見ないので、きっと10:00-19:00と書いてあるのでしょう。修正するつもりかな?

みなさん!リアルタイムで営業状況が確認できるのは当ブログかツイッター、店頭の掲示と僕の発言だけですのでご注意くださいね!(ホームページビルダー8で作っていたHPは使い勝手があまり良くないため今後廃止予定)


さて11月の店休日をご案内します。

2(火)。定休日。予報は曇りですね。からっと秋晴れの中サイクリングしたい。
9(火)。定休日。
16(火)。定休日。
23(火)。祝日ですが定休日とさせていただきます。
30(火)。定休日。

以上5日のお休みをいただきます。今月もよろしくお願いします!

Img_1023
クロスバイクメンテナンスキャンペーン(11/29まで)やってまーす!

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

活動カレンダー

  • 予定表
無料ブログはココログ

リンクバナー