« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月30日 (木)

10月の店休日と営業時間

まず営業時間に関しまして、8、9月に続き10月も8:00am~6:00pmでやってまいります。たまに「時短ですか?」と聞かれますが、前に2時間延びている分「延長」ですので。また世間を見渡すと大型家電量販店ですら早めに閉店して、皆さんのご帰宅を促し感染症拡大防止に努めていますし(その分土日に密になるのでは?と思うけど考えすぎでしょう!)、流れとして現実に沿っているのではと試行が確定にと変わりつつあります。

さらに従来の「10:00am~7:00pm」は小売業目線。お買い物行動を基準に考えたもので、自転車店のように業務の半分以上が自転車修理とする業態の場合、利用者の活動時間に合わせたものではないのでは?とも感じています。

さて10月の店休日をご案内します。

5日(火) 定休日。
12日(火) 定休日。
16日(土) JBCFかすみがうらタイムトライアルが予定されている(9/30現在)ため店休とさせていただきます。
17日(日) JBCFかすみがうらロードレースが予定されているため(9/30現在)店休とさせていただきます。
19日(火) 定休日。
26日(火) 定休日。

また超初心者練、女子練をそれぞれ10日(日)、31日(日)に予定しています。両日は11:00開店とさせていただきます。ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

Img_0824

明日はコメダ珈琲にコーヒーチケット買いに行かないと♪

2021年9月26日 (日)

明日27日月曜日は【臨時休業】します

先月末からお伝えしてます通り、27日の月曜日は私用によりお休みをいただきます。

よろしくお願いします。

セラサンマルコ Short Fit スーパーコンフォート オープンフィト レーシング ワイド が再入荷しました。

Img_0813税込み販売価格19,800円(税込み定価21,450円の品)。
幅144mm、長さ250mmのショートノーズサドルです。ぼくのT.T.バイクに着けているので見たことがある方も多いと思います。タイトルに「再入荷」と書きましたが、前回の入荷の時すぐ自分で使ってしまったので店頭には並びませんでした。商品を店に置いてなくてごめんなさい。

かなり気に入っているので是非皆さんにもお勧めしたいです。重量は200グラムを切りつつ「GEL入りで快適なクッション性」「ステンレス鋼の中空レール XSLITE(エクシーライト)で高い耐久性」。エントリーユーザーの方は高い💦と言う方もいるかもしれませんが、初心者の方はとにかく量を乗ることを求められますので

『完成車に最初付いてくるサドルくらいのクッションなのに座りやすく丈夫で軽い!』

ことがとても嬉しい事だと実感してもらえるでしょう。自信があります!「骨盤を立てた姿勢をキープし易いウェーブ形状」と「幅広い前後調整幅」は早期に正しい姿勢を身に着けるのに役に立ちます。何度もシート位置を直す時サドルレールが金属だというのは締め加減に神経を使わず済むという、超軽量であること以上に大きな利点があります!

Img_0818 Img_0817 Img_0819Img_6334

試しに座ってみたい方は、よろしければ僕の自転車(フレームサイズ480mm)に乗ってみて下さい。

お尻の痛みや違和感に悩まれている方、グレードアップや軽量化に興味がある方、ポジション出しに行き詰っている方は是非一度ご検討ください。

ご来店をお待ちしております!

2021年9月20日 (月)

オイル・ディグリーザーメーカーの「モーガンブルー」社製品のご案内

Img_0769

まずは容量1リットルの大きなボトルに入った2種類の洗浄液。ものすごく似ていますが洗浄目的によって使い分けます。

色の薄い【バイクウォッシュ】(税込み販売価格1,782円)はカーシャンプーのようなものです。本液100mlに対し10リットルの水で薄めて使うあたりが本当に似ています。なので約10回分の洗車ができますね❗ 洗車スポンジや洗車ブラシでジャバジャバ洗って下さい。ゴムやプラスチック製品にも安心して使える成分です。ゴムと言うのは例えばヘッドパーツの裏側にあるゴムパッキン、ベアリングを保護するシールパッキン、ライトやサイクルコンピューター・センサー類を固定するラバーバンドなどがありますね。プラスチックと言うのは例えば強化プラスチック製のボトルケージ、サイクルコンピューター・ライトのブラケット部分、リフレクター等があります。それらをまとめて洗えるのはだいぶ楽です。洗車後は水で洗い流し、必要な箇所にオイルなどを塗布してください。
Img_0773

それに対し色の濃い【チェーンクリーナー】(税込み販売価格1,980円)は強力な油脂除去剤です。チェーン、クランク、チェーンリング、カセットスプロケット、フロントディレーラー、リアディレーラーにスプレーして5分待ち、頑固な汚れはブラシや布でこそぎ落とし、その後水や【バイクウォッシュ】で洗い流します。注意書きにあるのですが、「ベアリングやフレーム、フロントフォークには絶対に使用しないでください」ということで、その溶解性の強さを誇示していますね。ベアリングっていうところが何故?と思いましたが、回転部分にかけるとそれを保護するパッキンが劣化しますよ、と言うことでしょう。フレームとフォークについては、クリアー塗装に影響ありと言うことですね。洗浄後は必要な箇所にオイルをさしてください。
Img_0771 Img_0774

そして【レースオイル】(税込み販売価格1,386円)。チェーンのひとコマひとコマに一滴ずつさして使用します。大抵の製品が垂れてきてしまうのに対し、モーガンブルーのレースオイルは速やかに浸透し垂れにくく、走行の1時間前のオイルアップでも飛び散りにくい保持性能を誇ります。チェーン以外の可動部分にも使用できます。全天候タイプで自転車通勤・通学の方にもお勧めしたいです!
Img_0778 Img_0779

【コンペティション カンパ グリース】(税込み販売価格1,782円)という気になるネーミングのこのグリースは、ポリマー(シマノのデュラケーブルにも使われていますね!)と厳選された添加物によって、高速回転するパーツの摩擦抵抗を減らし回転性能を高めます。長期間性能をキープし、メンテナンスの頻度を下げられるということです。耐腐食性のある添加剤を配合しているのでパーツの酸化を防ぐことができるみたい。ローラーやっているとハンドルやステムが汗で腐食してポッキリいかないか心配なので、今度薄~く膜のように塗って保護してみようと思います。
Img_0780 Img_0781
名前のcampaがカンパニョーロと関係してるとは考えにくいんですよね。campagnoloを略するときは大抵「campy」って書くんです。余談ですが。

最後に【フォームスプレー】(税込み販売価格1,633円)のことについて。この記事の一番頭に書いたバイクウォッシュの簡易版と考えて下さい。飛び散らない泡泡でバイク全体全ての部位を覆い、泡が消える前に布でふき取るだけの簡単洗浄。ベランダ洗車、屋内洗車(換気してください!)、水道のない屋外洗車(レース会場など)、砂漠など(笑)1本あると本当に「あって良かった」と思います。うっかり腕に着いた油汚れをふき取るのにも使っちゃってます(あとで水で流してください)。
Img_0782 Img_0783

モーガンブルーはベルギーのケミカルブランドで、年を追うごとにプロチームからの要望が増え、いまやワールドツアーチーム使用率ナンバーワンという、ライダーからもメカニックからも強く信頼される高い品質のメンテナンス用品屋さん。モビスター、アージェードゥーゼール、コフィディス、エフデジュなどのチームが使用しています。

一般スポーツ自転車用ケミカルじゃない、プロ用機材向きのケミカルが割と手を出しやすい価格設定なのも嬉しいです!

2021年9月 8日 (水)

パラリンピックボランティア体験について。

パラ9連チャンシフトの中である目覚めがありました。障害を持たれている方がそばにいることが普通になり、彼らの姿が見えない日常に戻った時、ものすごく違和感と不安を感じるようになったのです。

Img_0305 Img_0421

もともと僕に割り振られた活動日は7/24のオリンピック男子ロードの一日だけでした。観戦チケットが当たっていて購入済みだったので、オリンピックのこの日はだめ、パラリンピックのこの日はだめと希望日を提出した結果そんな少ない活動参加となったわけです。

しかしオリが終わって帰りの新幹線の中、大会組織委員会の担当さんに「もし空きがあればパラもやらせてもらえませんか」とメールを入れ、活動可能日をお知らせした結果8/26~9/3の9日連チャンのシフトをいただけました。現地で仲間に聞いてみると、オリに感動したからパラも追加で申し込んだという人がたくさんいました。

決勝レースは8/31、9/1~3ということでそれまでは公式練習のため、ぞくぞくと海外の選手たちがやってきました。僕が配置された最初の担当が、彼らが休憩したりドリンクや軽食を手に入れることができる『アスリートラウンジ』と呼ばれる場所の運営。そして有効な入場パスポート『アクレディテーションカード』の記号やマークを監視することなどでした。

Img_0331

「ボランティアは体と時間を差し出せばオッケー」と思っていた僕はとんでもなく甘く、国際大会だというのに英語はろくにしゃべれない、パラリンピックだというのに手話すらできない恥ずかしい状況にすぐ気づき、自分は1年延期された時間に何をやっていたのだろうと情けなくなりました。なのでひたすら雑用を探し、体を使い続けました。

ラウンジに訪れる外国人の方はチーム関係者以外は障害を持たれている方です。その空間に長くいるうち、最初彼らを直視できなかったのが変わってきて、僕たちと何も変わらない人たちに見えてきました。両腕が無い方に物を渡したりするときはどうすればいいのかと考えるも、彼はひじの部分だけで器用に物を受け取れます。スマホすらいじっています!

外国語が飛び交う長期滞在だったため、海外に長く住んでいるかのような聞き取り慣れが起こったのも驚きでした。

栃木に戻ってきたとき、どこを見ても障害を持たれている方をほとんど見ません。言葉も日本語ですべて通じます。冒頭に違和感と不安と書いたのは彼らの存在が消されているように感じたからです。パラの開会式では約10億人の方が障害を持ち、その割合は世界人口の15%と伝えていました。なのにまわりにほとんどいません。彼らは家の中や病院にいるのでしょうか?

2019年の、まだコロナが世に出ていなかったときに行われたフィールドキャスト向きの共通研修では「障害はその人にあるのではなく、周りにあるのだ」というお話を聞くことができました。

何かを変えなきゃ。

そう考える機会と、実行に移さなければと腰を上げるきっかけをいただいた、とても貴重なパラリンピックボランティア体験でした!


さて以下はそれ以外についてざっと書きます。

Img_0262 Img_0325

滞在は大会組織委員会が用意してくれた山中湖畔のビジネスホテル。ここにも莫大な費用が使われているのかと思うと身が引き締まります。「楽しく活動してください!」なんて言ってもらえてますが、しっかりやらなければ申し訳ないという気持ちで、毎朝日の出前の起床と早朝出勤の日々を過ごしました。

時間があった日は山中湖1周ランニングもできたので、詰め込んだ毎日を過ごすことができました。

Img_0266 Img_0268

1周13.6kmのサイクリングロード兼ランニングコースは多くのランナーが楽しく利用していました。10キロ地点くらいのところで水上スキーを楽しんでいる人を見かけました。

Img_0356 Img_0342

決勝レース初日の8/31は個人タイムトライアル。車種別、障害の度合い別で細かく競技が分かれているため、朝から日が傾くまでずっと走っていました。Cはサイクリングといって普通のロードレーサー。Hはハンドサイクル、Bはタンデムロードレーサー、Tがトライクルと言って3輪車です。数字が1に近い方が障害の度合いが大きいクラスです。スタート台は僕らが使うものより緩やかな傾斜のようです。

決勝レースの期間は外勤務。ゴールライン通過後の選手を側道へ招き入れ、タオルやドリンクを勧めてケアする場所でした。T.T.の日は熱中症になるほどの暑さで、エアロヘルメットを被った選手たちはひたすら水と氷を欲しがり、かなり大忙しでした。

選手たちが走る写真を載せたいところですが、活動中選手らを撮影することが禁止されているため、その写真はありません…残念ですが。でもC3女子で50歳の(とTVでは連呼していた)杉浦佳子選手が金メダルを獲得して、生で君が代を聴けて、日の丸の旗が真ん中を上がっていくのを見ることが出来ました。超幸せな時間でした😝

彼女がゴールした直後は、首を振っていて「だめだった」と言っていましたが、関係者が走ってきて1位だったことを告げられると「公式に言われるまで信じない!」と言いながらも嬉しそうにしていたのが印象的でした。

レース直後の一喜一憂する姿を至近距離で見ることができた、とてもいいポジションで活動をさせてもらえました。

Img_0400 Img_0405

ラストの二日間は朝からずっと雨で、レインコートを着ての勤務。ロードレースなので距離も長く、仰向けに乗車するハンドサイクルの選手は大変そうでした。タオルが良く出ましたね。落車も多く競技時間も長引き、日が傾いてからゴールした選手はとても寒そうで、エネルギーを補給すべくコカ・コーラを求める方が多かったです。

パラは基本的に走る意思のある選手は止めず走らせるのか、表彰式が行われるゴール真下を通さずエスケープする導線が確保されているのも面白いと感じました。そんな選手のゴールをチームメイトやライバル選手が暖かく迎え入れて、抱き合ったり讃えあったりするシーンにとても感動しました。

大会組織委員会の方には、無理を聞いてもらいシフトを組んでもらい、たくさんの体験と課題をいただいたことに心から感謝しています。

最後に、オリの時反省点だったフードロス撲滅のためにしっかり食事を採ってきたことも報告します。富士スピードウェイのレストランの食事は途中からお弁当に変わってしまいましたが、最終日まですべて美味しくいただくことができました。ごちそうさまでした!

Img_0249 Img_0251 Img_0269 Img_0272 Img_0287 Img_0298 Img_0340 Img_0407-1 Img_0408 Img_0417-1

これから生涯交流を持てそうな友達もでき、TOKYO2020を開催してくれたことにもとても感謝しています。本当にありがとうございました。

お客さんには大変ご不便とご迷惑をおかけしました。長いお休みをいただき、本当にありがとうございました!

2021年9月 6日 (月)

【新規取り扱い】ONE AER(ワンエアー)D5 フルカーボンホイールが入荷しました!

Img_0615 Img_0616

税込み定価は173,800円(税抜158,000円)です。店頭販売価格についてはお問い合わせください。

Img_0617 Img_0618

内幅20.1mm/外幅26.3mm/リム高48.1mmとオールラウンドに使用できるスタイル。レースにもドレスアップにも全天候、風の有無にかかわらず常に装着して眺めていたいスマートなルックス。適応タイヤ幅は25~35Cとなります。

Img_0619ディスクブレーキ専用。シマノカセット専用。

Img_0620 Img_0621

気になる重量は、チューブレスリムテープを装着したままで前後計1,611g。価格から競合モデルとなるのはZIPP 303 Sでしょう。ZIPPは外幅28mm、リム高45mm、リムテープを貼らない状態で1530gということで、軽さではONE AER D5のほうが若干軽そうです。

Img_0622 Img_0623

ホイールバッグ、チューブレスバルブ、シーラントが付属するのもありがたいです😊さらに不織布のマスク2枚付。

時代はもうディスクブレーキですかねぇと思って嘆いているあなた!ONE AERはリムブレーキ仕様もラインナップしてますよ。扱い元の株式会社コリドーレさんのホームページを見てみて下さい。

お取り寄せも可能(コリドーレさんが扱っているものは他にウィッシュボーンもあります!)なのでぜひご利用ください。ご来店をお待ちしています!

 

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

活動カレンダー

  • 予定表
無料ブログはココログ

リンクバナー