« これはまさにアンチ(安全地帯)! | トップページ | 9月の店休日 »

2020年9月 4日 (金)

8/29(sat) JBCF西日本ロードクラシック広島大会day1

「暑さとの闘い」

同じ広島県三原市のホテルで居合わせたブラーゼンの関係者もそう言っていました。

5821577a42f44c41818f09c691a9508b84a6ee938a2f46f39554954f506b6de3Cb60824aacd241c691751670f13cb5b8962ede2f0c0d43df962ce66aa5644960

広島中央森林公園というのが山の上で、広大な広島空港併設の施設だということを、行ってみて初めて知りました。頭上の太陽がものすごく近く感じ、のしかかってくるようです。なんか空しか見えません。

3995800df980463089a48ce253f94ae6

コースレイアウトはこの空港の周りを周回するもの(赤いラインがそうです)。山間の空港だけに適度なアップダウンがあります。そして長い。クラスタE3は4周走ります。遠路はるばる来たわけだし、ぜひとも完走したい。


今日のスケジュールはかなりタイトで、開門してすぐライセンスコントロールが始まり、ゼッケンやナンバープレートを準備、その後少しだけウォーミングアップの時間が取れて、すぐマネージャーミーティング。このマネージャーミーティングがZOOMじゃなかったらコース試走までこなせなかったかもしれません。ローラー踏みながら注意事項を聞きて、終わり次第ヘルメットを被り、フィードゾーンに置くスペアホイールを担いで試走に向かう。一周どのくらいかかるんだろう?と悩んでる間に走り始めた。競技開始まで50分くらいしかない。

Ee789d533c364885bdd4dc1270c8bcd8

コースは面白くて、激坂はないけど長めの緩やかな坂、少し辛い坂、高速のダウンヒルなど変化に富んでいて良いコースです。木陰もありました。時々峰と峰を繋ぐ、標高がありそうな橋を数回渡りました。上空には飛行場の設備かカタパルト?と思われる赤くデカい鉄骨のレールのようなものが大迫力で架かっていました。

一周12.3kmの試走が終わり、そのまま検車に持ち込み、すでにほとんど並び終わっているE3の列に並ぶ。なんか、暑さで参っちゃいました!いろいろ急いでやったものだからすでに汗でびしょびしょでした。

そんな状態だから1周目から集団についていけず早くも脱落しました。一人旅の2周目すでに体が熱くて辛い、やめたい。後ろに気配を感じる審判カーに棄権の意思を伝えようかと思った。でも店を休みにして迷惑かけてまで来ているのだし、エントリー代や遠征費はお客さんがお金を使ってくれているから払えているんだ、甘えるな!3周目に入れるかな?ふらふらに見えないように下ハン持って前方をにらみつけてぐりぐり回す足に力を込めやる気をアピール。3周目入れた。でも足が両足とも攣り始めているし、なんか酸っぱいものがこみ上げてきた。

いよいよストップかと思った時、コーナーの向こうに一人背中が見えた。

もう終わっていると思ってた足にまだ力が入る。じりじりと詰めていき上り坂で抜いた。その後しばらく着いて来ていたけどやがて消えた。競技終了までの残り時間は、1周回ってこられるほど残っていない、これで終わりかと思っていたら前にまた一人見えた。ゼッケンの色が違うから、3分前にスタートしたE2の選手だ。こちらに気づいて踏み足したみたいだけどすぐにあきらめたようだ、抜く。4周目入れるか、またやる気のある姿勢をアピールしたけど下ろされました。残念ですがDNFです。

Cd3448a8b0af4614ab7bae8511ed8cd8

ウォーミングアップが大失敗だったなあ!ルートインの朝食食べないでコンビニ飯買ってまでして早く来たのに!と思っても条件はみんな同じなんだよなあ。まだまだ鍛えないといけないようです。

その日JPTはキナンの山本、翌日はブリッツェンの阿部が取りました。ブラーゼンのシバタリアンが4位!頑張りました!

Img_5886 Img_5877 Img_5884帰る前に空港を見学。次回は飛行機輪行しようか真剣に考えます。展望デッキにはフライト時間に合わせてギャラリーが数組見学に来ていました。

片道約900km強。山口より200kmも近いとは言え、やはり普通はクルマじゃ来ないでしょ。

« これはまさにアンチ(安全地帯)! | トップページ | 9月の店休日 »

JBCF関連」カテゴリの記事

活動カレンダー

  • 予定表
無料ブログはココログ

リンクバナー